昨日の一面にあったこの記事……この電話の主は、日本共産党を引っかけてやろうとしたんだろうなW

 「これまで社員に自民党に入れろと言ってきたが、反省している」――十七日、長野県のある会社(従業員約二十人)の会長と名乗る七十代の男性から、党本部に電話がありました。

従業員二十人の会社で、会長がおられるのですか?凄いですねぇ。同族会社で実質なにもしてない社長に、専務あたりが実質社長していると言えばまだ信ぴょう性が増したんですけど……もしホントなら笑いものになりますな。この会社w

 男性の会社では、この日の「朝会」で選挙のことが話題になったといいます。ある社員が「今まで会長は自民党に入れろと言ってきたが、今回はそれは絶対にだめだ」と発言したのです。

 「定率減税の廃止で六月に住民税が上がった。憲法九条の問題もある。選挙で自民・公明が勝てば消費税が上がってしまうし、九条も変えられてしまう。今回は絶対に会長の言うことはききません」。この発言に、他の社員も全員が「まったくそうだ」とうなずいていたといいます。

絶対ダメな理由が、自民党はギョーカイの敵になったとか、長野選挙区から出る候補は、自民党の藤沢のり子だ、宮本たけしだと言うならわかります。でも……こんなやりとり、共産党系の会社以外、ありえね〜w


続きを読む