共産党の小池晃書記局長は22日の記者会見で、立憲民主党の泉健太代表が次期衆院選での両党の選挙協力を否定したことを受け、全国の小選挙区で積極的に候補者を擁立する方針を示した。「泉氏の態度が変わらないのであれば、われわれとしては独自に対応していかざるを得ない。積極的な擁立を進めていく。全国に指示を出す」と述べた。

小池氏は「立民などを含めた共闘の話し合いは門戸を閉ざさず求めていくが、それを待っていると遅れてしまう」と指摘。「前回は105選挙区で立てたが、それよりはかなり大幅に立てるつもりで臨む」と表明した。立民を牽制(けんせい)する狙いもありそうだ。 

おれたちの言う通りにしないと、敵に回るぞというわけだが、果たして何選挙区立てられるか?昔は全選挙区立てることができた。五億を優に超える供託金が没収されても平気だった。今はどうか?

党員の平均年齢はもはや限界まで上がっている。党員は減ってるし赤旗収益もいつまであるのかわからない。そんな状態で昔のように億単位のカネを政府に献上し続けることはできないだろう。

こうならなきゃいいけどw