共産党の志位和夫委員長の辞任を求める内容の著書を出版した古参党員の鈴木元氏(78)が、規約上最も重い除名処分を受けた。鈴木氏は2023年3月17日に都内で記者会見し、著書で展開した主張について「ますますそう思いますね」などと語った。

   共産党は23年2月、鈴木氏と同時期に著書を出した古参党員の松竹伸幸氏(68)を除名したばかり。松竹氏の除名には批判も多く、4月に予定される統一地方選への影響も指摘される。そんな中で著書出版をめぐる2人目の除名だ。鈴木氏は、統一地方選の影響が次期衆院選にも波及し「大ダメージを受けることになる」と警告している。 

いずれこの記者会見の動画がアップされるだろうが、まぁいまのところ詳細なのはこれしかないみたい。

鈴木氏のご尊顔は、小さな写真では見たことあったが、解像度の高いのでは初めて見た。穀田とまるで違う(笑) ま、それはともかくとして

鈴木氏は処分の撤回を求めていく考えだ。松竹氏は24年1月に行われる見通しの党大会で再審査を求める考え。一方、鈴木氏は「私がそれをするかどうか、今のところ何とも言いません」と話した

次の行動を言わないところが、Cアノンとしては不気味なところだろうね。ぼくちん的には鈴木氏が立憲とか、れいわとかに鞍替えして、鈴木派の党員をはがして回るのが党としてはいちばん効くと思う。そんなことされたら、Cアノンはすでに崩壊しているとは言え野党共闘の夢が完全に潰えるわけで、もはやすがりつくモノがなくなる・・・党崩壊というか党員減にますます歯止めがかからなくなるからねw
志位和夫委員長への手紙
鈴木元
かもがわ出版
2023-01-20