日本共産党は、先月100周年を迎え、101年目に突入しました。
100周年記念事業は、赤旗祭りも党史編さんもなく、党の行く末が心配されます。
当blogの終焉も、そろそろ見えてきたかな?と言いつつ、まだ終焉には数年はかかるでしょうねw 

父・伊藤律 ある家族の「戦後」
伊藤 淳
講談社
2016-07-12