本来こういう本は、日本共産党の出版局が作らなきゃならないのだが・・・