労働組合の専従職員だった60代男性が、執行委員会メンバーでつくるグループLINEなどでパワハラを受け、退職を余儀なくされたなどとして、当時役員だった男性医師と同労組などに損害賠償を求めた訴訟の判決が23日、那覇地裁であった。山口和宏裁判長は男性に対するパワハラなどを認定し、被告側に計154万円を支払うよう命じた

 

6月24日公示が予想される参院選沖縄選挙区(定数1)に医師のイジュ(伊集)唯行氏(58)=沖縄医療生協理事長=が広範な県民共同の候補者として立候補することが13日決まりました。 


共産党はパワハラ野郎が県委員会幹部をするところゆえ、驚きはない。