その原因が、ロシアの覇権主義に追随し、領土問題で重大な譲歩をしてきた安倍元政権の屈従外交にあることは間違いありません。日本政府にはこのことについての真剣な総括が求められています

そう言うからには、かつて不破哲三の外遊のために中国共産党のご機嫌を取るがため批判を避けてきた共産党の歴史は総括されるんでしょうな?2016年あたりから、しれっと方針転換していたことを赤旗読者は忘れてませんからねw