小池晃書記局長・参議院選挙闘争本部長が22日、党内通信とユーチューブで行った「緊急の訴え」は次のとおりです。
中略
今日、緊急にこの時間をとったのは、9日の幹部会決議を力に、いまただちに「参院選必勝モード」の臨戦態勢をとり、党躍進への大攻勢をかけなければならないこと、とりわけ、この2月から世代的継承を中軸とする党員拡大と「赤旗」読者拡大で、なんとしても前進をかちとることを、全党のみなさんに訴えるためです。
中略
 党勢拡大ではどうか。入党働きかけは755人、入党申し込み132人、「赤旗」日刊紙読者の拡大が574人、日曜版は3945人です。
 党員拡大では、端緒的ではありますが変化が生まれ、先月の1・2倍となっていますが、本格的な運動化はこれからです。読者拡大は、後退した先月の同時点と比べても日刊紙77%、日曜版87%で、再び大きな後退を喫しかねない現状にあります。
中略
このままでは、“必勝モード”が掛け声倒れになりかねません。比例「650万票、10%以上、5議席絶対確保」、選挙区選挙での議席確保・議席増の実現の展望も開かれてきません

 笛吹けど・・・・もはやコメントのしようがない。