傍観者たんより

草加市議団の件でセクハラ隠蔽体質が明らかになった共産党埼玉県委員会ですが、埼玉協同病院を舞台にした党員のセクハラも隠蔽しているようです。
ここに出てくる加害者は、全員共産党員で、県委員会にタレコミがあったにもかかわらず何の処分もなしに隠蔽しているそうです。相談事例にある「S氏」は斎藤元専務で、この人のセクハラは有名でした。被害の訴えをする人が出てきて、最近「自己都合退職」しました。協同病院は、退職にあたって、セクハラの件を不問にしています。 

セクハラは池内さおりのツイッターにどんどんご注進すると喜ばれそうだね。 

共産党は調査委員長に池内さおりを任命しようwww
彼女は、しっかり膿を出してくれると思うぞ(棒)