立憲民主党や日本維新の会などの野党が、共産党を外した形で、国会対策のための新たな協議の枠組みを設けることを検討していることについて、共産党の小池書記局長は「野党の立場が根本から問われることになる」と不快感をあらわにした
中略
その上で、小池氏は「野党間の共闘でも維新を自公の補完勢力として、共闘の対象にしないことを確認してきた」として、「維新を野党として協力の対象とすれば、野党の立場が根幹から問われることになる」と不快感をあらわにした。
中略
一方、維新の幹部は「我々は与党の補完勢力と言われているが、野党の枠組みに初めて協力することで、与党へのけん制にもなる」と狙いを話している。 

いつか来た道・・・「共産党を除く野党」時代の再来ですね。社民はもう消滅したも同然だし、れいわが伸びたら票を侵食される。

当blog終了は、次期党大会がタイミングになるかもね。
そこで本気の改革に手を付けられなければ、第2の社民化、そして解党になるのは確実なのだから。