大きな声では言わないが、ぼくちんは政党やメディアの非公開の選挙情勢調査のデータが集まっている。大阪5区の宮本たけし先生が供託金没収まではいかないだろうと書いたのには、その手のデータを見ていての感触なのだ。

で、そうした調査で兆候が見えていたのは、穀田恵二が小選挙区制になってから初めて京都1区で当選する可能性だ。イブキングが続投していたら野党共闘しようがしまいが勝ち目はなかった。しかし

1.知名度の低い新人が伊吹後継に
2.野党共闘
3.維新が候補者を出して保守票の分散がおきる

の3つの条件が重なって、穀田小選挙区初当選の芽が出できた。
ならば、これを全力で普及させねばなるまいてwww




せっかくここまて積み上げた前人未到の記録、小選挙区落選・比例復活連続8回をここで止めてはならない。穀田恵二を愛するなら、日本記録を伸ばさせるべきであるwww