日本共産党国会議員団文部科学部会(部会長・畑野君枝衆院議員)は21日、自公政権が破壊してきた大学自治と教育研究環境の再生へ、全国大学高専教職員組合(全大教)と日本私立大学教職員組合連合(私大教連)と相次いで懇談しました

大学自治と言うのに、学生の代表がいないことに疑問を持つ人は少なくなっているだろうが、かつて学生自治会と言う組織がありましてね(今も少数だがあるにはある)。大学自治の一翼を担っていたのです。

それが近年とんと聞かなくなって、話題になったといえば、東京大学教養学部自治会の全学連脱退騒動でした。学生自治会に巣くっていた学生自治破壊勢力は民青共産党だけではなかったが、その中でも飛び抜けて最大の破壊勢力は日共民青だったのは確かですね。

そんな連中に大学自治再生とか、言って欲しくないですな。