アンブレイカブル
柳 広司
KADOKAWA
2021-01-29



短編集で、冒頭の作品の主人公が小林多喜二。
罪は捜すな、仕立て上げろ
1925年、治安維持法成立。太平洋戦争の軍靴が迫るなか、罪状捏造に走る官憲と、信念を貫く男たちとの闘いが始まった……。
『蟹工船』の取材と執筆に熱中するプロレタリア文学の旗手・小林多喜二。 
反社会的、非国民的思想犯として特高に監視される反戦川柳作家・鶴彬(つる・あきら)。
同業他社の知人たちに不可思議な失踪が続き、怯える編集者・和田喜太郎。
不遇にありながら、天才的な論考を発表し続ける、稀代の哲学者・三木清。

法の贄(にえ)となりながら、男たちは己の信念を貫いた。 

書いているのはジョーカーゲームの柳 広司さまでこざいますから、面白くないわけがない。
お盆の読書にいかがでしょうか?気に入ったらジョーカーゲームも読みましょう。