中国が台湾に対し軍事的圧力・威嚇を強化していることは厳しく批判されなければなりません。しかし、日米が台湾問題に軍事的に関与する方向に進むことも決して許されません。台湾問題の解決のため非平和的な手段は排除されるべきであり、あくまでも平和的な話し合いで行われるべきです
中略
今、何より重要なのは、中国の覇権主義を国際法に基づいて冷静に批判し、外交的に包囲することです。いたずらに軍事緊張をあおり、軍事対応の強化に突き進むことではありません。 

外向的包囲網はすでにやってる。実際どこも戦争などしたくないわけだが、フィリピンやベトナムががやられたように中国共産党は勝てると思えば間違いなく攻めてくる。したがって戦争しても勝てないと思わせるような努力をするのが外交だ。

にもかかわらず足引っ張ってるのがどこか、少しは考えましょうw