去年行われた砂川市の市議会議員選挙で初当選した女性議員について、札幌高等裁判所は選挙前から市内に生活の本拠を置いていたとは認められないとして当選を無効とする判決を言い渡しました。

当選が無効とされたのは、去年4月に行われた砂川市議会議員選挙で初当選していた共産党の高田浩子議員です。
高田議員は選挙前にそれまで住んでいた深川市から砂川市に転居していましたが、居住の実体がないとして当選の無効などを求める訴えをこの選挙で落選した男性が札幌高等裁判所に起こしていました。 

他党ではちょくちょく見かけますけど。、共産党でこう言うの珍しいですね。