しんぶん赤旗
沖縄県名護市辺野古の米軍新基地をめぐり、同県の翁長雄志知事が昨年10月、辺野古の埋め立て承認を取り消したことを不服として国が県を訴えた裁判(代執行訴訟)で、政府は4日、新基地工事の中断などを盛り込んだ「暫定的和解案」(別項1)を受け入れ、県と国の和解が成立しました。

日米両政府は辺野古新基地に固執し続けており、県側も新基地阻止の姿勢を堅持しています。和解による協議が成立しない場合は、再び訴訟になりますが、裁判終了までは工事が中止されます。新基地反対の県民世論を無視した強行路線の破綻は鮮明です。 

 この和解によって、政府と県は決着のタイミングをづらし、面目を保ったまま決着を先送りした。安倍タン政府は参議院選の争点から辺野古を外せた。翁長県も、とことん抵抗したという格好をつけられた。アメリカだけがはしごを外されて怒り心頭。しかしもともとが米兵の不祥事から始まった問題だからあんまり強くも言えない。

で、この問題、次くらいで決着するだろう。一番あり得るシナリオは再審やって県が負けて政府には負けなかったが裁判所の命令だからと責任を司法におっかぶせて辺野古移設を容認し、工事利権を・・いやなんでもないw

辺野古移設になるか、普天間固定になるかはわからないが、いずれにしても基地は減らない。