さくらファイナンシャルニュース
新聞の発行部数を調査する日本ABC協会が発表した2014年度下期(6月〜12月)における新聞の発行部数一覧によると、中央紙各紙の部数は次の通りである。()内は対前年差(2013年度下期)。

朝日新聞:710万1074部(-44万2107部)
読売新聞:926万3986部(-60万4530部)
毎日新聞:329万8779部(-5万1587部)
日経新聞:275万534部(-2万5585部)
産経新聞:161万5209部(-2316部部)
 

朝日と読売で100万減らしているのは、新聞業界としても相当な衝撃だろう・・・もっとも押し紙を考慮していないみたいなので本当のところはわからないが。

部数が少ない新聞ほど減りが少ないのが見て取れるが、それでも産経新聞よりも日曜版は減っているわけで・・・赤旗に残された時間は、もう、あまりないね。