しんぶん赤旗
東日本大震災で大きな被害を受けた三陸鉄道(岩手県)が6日、北リアス線、南リアス線(地図)とも全線復旧します。一方、三陸鉄道の路線とつながるJRの山田線、大船渡線(地図)の復旧は見通せていません。日本共産党の穀田恵二議員は衆院国土交通委員会(3月26日)で早期復旧に政府が積極的役割を発揮することを要求しました。 

いつもの「〜せよ」と要求しましたと言うアホでも言えることを言って悦に入っているが、この分野では共産党のすぐ近くにちゃんとした専門家がいたのに活用しきれなかったことの反省などもちろんない。

BiDkVcYCUAEAiFS東京大学教養学部自治会の全学連脱退を先導し、田川豊の准中央委員のイスをけっ飛ばした某A氏は、地方交通を専門に研究しているらしく、過去に三陸鉄道復旧にはBRT(Bus Rapid Transit)と呼ばれるアスファルトを敷いたバス専用道による鉄道システムについて提案しておるのだ。記事はこれ(無料会員に登録しないと読めないけど) 

コスト面でもレールを引くより安価だし、何より復旧が速い。既存のBRTの欠点に対する言及もある。被災地のことを本気で考えているなら、充分選択肢に入る提案だろう。


でも、女の尻をおっかける暇はあっても、そういう勉強の時間は取れないのが穀田なのだろう。たとえばぼくちんなど交通の専門家でも何でもないが人口と移動距離を勘案すれば単純にレールを敷く復旧がいいかどうかの疑問くらいはいだく。で、ちょっと調べたら5分でこんな分かりやすい資料が出てきたw

穀田恵二と国会秘書団諸君、税金の無駄遣いもいいかげんにしたまえw!