しんぶん赤旗 きょうの潮流
京都駅に降り立つと観光客でごった返しています。外国人も目立ちます。お目当ては桜。名所では、満開の桜をバックにした記念撮影があちこちで。屋台が並び、桜の下での宴会もにぎやかです。そのなかに和服姿の外国人の姿も▼京都はとてもいい季節を迎えていますが、「花見ともたたかわなくてはなりません」と嘆いた人がいます。現職の京都府知事候補です。自民党の決起集会でのこと。6日の投票日が花見のピークと重なり投票率が下がることを懸念しての発言です。笑いを誘いましたが、笑いごとではありません▼この知事は常に「たたかう」相手を間違えているようです。 

投票率低下を懸念した冗談につっかかるのもアレだが、本音は対立候補が共産党だけでは花見を敵にでもしないとだれも本気で選挙運動しないと言っているのでしょうw

正直に言いましょうよ、俺達を舐めるな!って・・・・でも投票日翌日には・・・w