緑豆もやしさまのコメントを読んで、そうか、告発してくださるのかと考え、ほかにも同じように考えていらっしゃる方がおられるだろう。ということで当blogに内部告発を持ち込む時の注意を申し上げます。

内部告発をしたい場合、コメントを書くよりメールでお知らせください。なぜなら、党中央委員会はここをちゃんと見ています。そして書かれると痛いコメントを書く人が誰なのか調べようとします。

IPアドレスによる地域の絞り込みは党中央には不可能ですから、書いてある文体や、どこまで党の内情(都道府県によって違いがある)を知っているかなどから地域を絞り込み、コメントの書き手を特定しようとしてきます。これによって今はなきJCP-Watchや、今もあるさざなみ通信の常連が住所氏名を特定され、除名除籍などの仕打ちに遭ってしまいました。

そうした事情から、内部告発に関しては、私が全面的に書き換え、私の文体と安全管理力によって告発者の特定を困難にするのが最も適切であると考えています。

大きな声では言いませんが、日本共産党界隈の人はセキュリティに関して知らない人が少なくありません。キンピー氏、クニチュウ氏、政治将校氏あたりは最初からケツまくっているので、どこの誰かは党中央は把握しています。同じ勢いで書けば、当然ばれる可能性が高くなります。

大英帝国の「分断し統治せよ」を裏返せば、権力(党中央)にとって団結し、反抗する者ほど怖いものはありません。だからこそ、団結する前の個別撃破を狙うわけです。そうした狙いを阻止し、立ち上がらなければならない時に一斉蜂起がよろしい。

来るべき一斉蜂起のため、こっそりメールをお願いします。
「まだ立つな」とレーニンが演説したのは7月だったっけ?忘れたけどw

※多忙ゆえ、拳志郎タン相手は、明日に持ち越し。
もっとも、ぼくちんの代行、進んでやってくださっている方もおられるようですがw

なわけで沖縄から、また連絡があったけど明日回し。