当別町長選、選挙活動は午後8時をもって終了。

本日あった、部外者にはたれ込みとも怪文書とも判別しがたいコメント投稿に対し、泉亭陣営から「事実無根だ、削除してくれ」「中傷の証拠として削除しないでくれ」みたいなメールが来るかと予想していたのだが、来なかった・・・。

当blogは以前から、スパムを除き削除はしないことを公言している。もし警察ざたになったらキチンと書き込みを行った者のIPアドレスくらいは教えるというか、それくらいしかやりようがないし、証拠として残すくらいのことはするということで「削除してくれ」と言ってこられても削除する気はないのだが、なんとなく寂しいw

渋谷陣営は、共産党からは敵扱いされ、その共産党が泉亭陣営についているのに「元共産党」を攻撃材料にされるという、ひでぇ状況の中での選挙戦であった。

保守勢力もこれには呆れて、もともと保守系候補である泉亭氏を、「泉亭には共産党が付いているんだ」と言って回る始末。

公明党が共産党と一致団結して戦うところといい、保守勢力が保守系候補を「あいつは共産党だ」と言わなきゃならないところといい、当別町長選は近年まれに見る変な構図でたたかわれた選挙である。

結果がどうなるのか、かなりの選挙通でも予測は困難だろうと思う。そしてあり得ないことが何度も起きてきたこの選挙戦。今夜当たり、また動きがあるかも知れない。そう、ここでw

ということで、深夜に戻ってきますが、本日はこれにてお出かけ。