最近とんとご無沙汰のコットン氏がゆみタンとこで、こんな投稿をされていた。面白いと言うと怒られそうだけど、面白いと言い切ろう。

2007/11/29  17:52
投稿者:コットン。

現在の社会保証切り捨て、労働者の権利切り捨てに至るに当たっての、共産党の果たした役割というのは、大きいなーと、思う。

共産党の指導によって、労働運動を内部から孤立化、衰退させる。

共産党の指導によって青年運動の中心部分を破壊して、民青同盟を衰退、崩壊させる。

共産党の指導によって、平和運動を孤立化、内部破壊させてしまう。

共産党の指導によって、出来る下部党員を疲弊、消耗させる。

いずれも、優れた活動家、支持者の離反、消耗を招く。

せっかく勝ち取った各級議員の議席も減らしていく事になる。

人民大衆の国家、資本に対する抵抗運動の力を、著しく衰退させる。
結果、喜ぶのは資本家と利権をむさぼる者達。


45年も前かな労働学校か何かで「猿が人間に成るに当たっての労働の果たす役割」と言うような話を聞いたことがある。
「日本の社会が、こんなに悪く成るに当たっての、日本共産党の果たした役割」を考えると、自分の少年時代、青年時代は、何だったのかと絶望したりもするが、社会変革の障害物で有る共産党が衰退して、不十分でも、次の道筋に進めるかもと、甘い期待を持つ。

幸いにして、共産党の名目責任者らしき人物が、参院選総括で「我が党の支持者でも、やむにやまれぬ思いで、民主党に投票している、、得票が減ったからとて嘆く事はない」と言ったとか。
 バカも休み休みに、、と言うよりは、偶には良い事を言うなーと感じた。
 書いていて訳わからんようになった。無理矢理投稿する。

……やむにやまれぬ思いで民主党に投票ではなく、支持者に共産党は見捨てられたと言えないところがつらいねw