天木直人氏が、浅野史郎氏を支持する旨をblogで書いている。天木氏自身も官僚であったし、

そもそも官僚をながらく勤め、その後に政治家や首長になろうとする厚かましい連中に志のある純粋な者はいない。元官僚の私が言うのだから間違いない。

というくらい元官僚の政治家を嫌っていたようだが、そうした点を差し引いても、彼なりの考えがあって浅野氏を支持するようだ。そして最後にくるののがこれだ。

それにしても日本共産党の対応には驚いた。石原都政打倒のためにてっきり候補者を下ろすのかと思っていたら、浅野知事を自民党政治と同じであると批 判し、日本共産党が推薦する候補だけが正しいと志位和夫委員長がまじめ顔で話していたのだ。私の共産党に対する評価はこれで決定的に失われた。かつて自民 党と連立を組んで安保条約を容認した社会党に対する私の評価が地に落ちて再び戻る事がないのと同様である。

天木氏が、日本共産党が候補者を降ろすと考えていたことに、ボクちんこそ驚いたのだが、共産党も少しは迷ったら天木氏もここまでは書かなかったろうなぁと思った……どっちもどっちって気もしないこともないが。