民主党の都知事選候補者選びが難航していることについて、こんなことを書いているブログを見つけた。

 よく、選挙で自公が勝てば

共産党が立候補するから野党票が割れて負けた」

なんて言いがかりのようなことを言う人がいます。

 その論法でいけば、今回、民主党は候補者がいないのだから、無理に出さなくてもいいのでは?

 
「野党票をまとめよ」

と大義名分をかざして「野党共闘」を主張する方は、今回はその主張を撤回するのでしょうか?

 論理が一貫していないのでは?

中略
 いつもは日本共産党に「立候補をやめろ」と言っている方々は、いつもと整合性をどうつけるのでしょうか。

論理も一貫していれば、整合性もあることを説明してさしあげましよう。

吉田万三氏は、区議会レベルの候補者としてなら、悪いタマではないはず。しかし都知事選のタマとしては、知名度も人気も石原慎太郎には全く及ばない。だから負ける可能性が高い。

民主党が擁立を画策した候補者のリストを作れば明らかだが、民主党は石原慎太郎と知名度、人気ともに対等。あるいはそれ以上の候補でなければ勝てないと踏んでいる。その考えは、たぶん正しい。

ところが、そう思って擁立しようとする候補者候補w(浅野元宮城県知事以外はそれでも弱いと思うけど)がみんな断っている。だから民主党は困っているのだ。

日本共産党が石原慎太郎に匹敵する知名度と人気があると誰しも思える候補を擁立すれば、民主党は真剣に共闘を考える。個人的には村上龍が面白いと思うが、たぶん無理だろう。

共産党支持の有名人で、民主党にも石原に勝てる候補と認知されるのは、相応の有名人でなければならないだろう。そういう人は都政の実務能力においては経験がある吉田氏よりも数段劣ると思うが、そのあたりは副知事あたりでサポートすればいいのだ。

民主党に、「相乗りすれば勝てる」と思わせることができる候補を出さないで、共闘すりゃいいじゃないかと言っても……ねぇ。

と言ったら、論理も整合性もないかねw?
と書いてトラックバックを打ってやろうと思ったら、どこにトラックバックアドレスがあるのだ?……「はてな」はいまいち使い方がよく分からん。