日本共産党は他党と共闘すべきとする意見は多い。かえるネット京都でこんなやりとりがあった。そして質問者はこんなことを考えている。

注意して欲しいのは、二つ目にリンクした土曜日の各駅停車氏のエントリーのコメント欄である。

「民主党が勝てそうな選挙区」「民主党を変えていくのも政治闘争」「憲法を守り抜くために「よりましな」勢力と連携するべき」

…たちの悪い民主党員め。そうやって、民主党を自民党への対抗勢力と描いて、国民をたぶらかすのもいい加減にしろっ。

自民と民主に違いはない。民主党への一票は、改憲への一票だ。おれはそれを知らせていく。

投稿 名無し | 2007/01/31 23:56:49


コメント、ありがとうございます。私は民主党員でも共産党員でもありません。強いて言うならば、共産党に対して強い愛憎を持っています。すなわち、 共産党(現在は人民の敵です)にほんとうのボルシェビキになってほしい、左翼の再生(個に拠って立つ)をと願っています。だから、レッテルを貼るならば新 左翼と貼って頂きたく存じます。

投稿 土曜日の各駅停車 | 2007/02/01 4:50:46

こういう人を味方にできないのは、共産党に戦略がないからだ。土曜日の各駅停車氏には、いつものやり方でいったい何回負けたら効果がないことに気がつくのかといういらだちがあるように見受けられる。

明らかに巧いと思えるような戦略転換と、それに伴う成果が出れば、この方は共産党支持に「転向」するかもしれないが……戦略の再構築って、共産党が一番できないことだよねw