日本共産党・民青同盟悪魔の辞典+

日本共産党や民青同盟、またやりよった……ぼやきのブログ

2022年06月

井上さゆり近江八幡市議会議員、裕福母の年金を告発w

要は西太平洋版NATO作れと?


他国の戦争に日本が巻き込まれるとか言ってた党がありましてね・・・w

参議院線選挙政策、みなさんはどう見ますか?



個人的には、株式配当の総合課税化は評価したい。分離課税化はそもそも株の大衆化のために行なわれてきたわけだが、もう10年以上やってるわけだからもういいでしょ?という感じ。

内部留保は多少は勉強してきているが、ややこしいこと書いてるな・・・控除のため税務申告が大変になるしグリーン投資の定義もいまいちあいまい。というか売上上がって工場作ったら気候変動対策してないからアウトとか普通にありそう。省エネ設備導入したら対象にするとかかもしれないが・・・そんなことより法人税上げた方がシンプルで良いんじゃね?

ま、それで何社海外に逃げるかだが・・・ 

多様性を求める社会作ろうとする人たちの考えがこれですw



日本共産党の穀田恵二国対委員長と立憲民主党の馬淵澄夫国対委員長は7日、国会内で会談しました。馬淵氏は、細田博之衆院議長の不信任決議案を提出する考えを説明し、意見交換しました。

 馬淵氏は、細田氏が議長の立場にありながら、国会が成立させた衆院定数是正の「10増10減」の実行に否定的な発言を繰り返し、民主主義の根幹を覆す発言をしたことは許されないと強調。「これが不信任の最大の理由だ」と述べました。 


以前から何度も言ってるが、ぼくちんも一票の格差の是正の趣旨は分かる。しかし鳥取島根とか徳島高知を一緒にするようなやり方が正しいとは全く思っていない。そんな考えは民主主義の否定なのか?ちょっと待てよと思う。言論の自由って何だと思っているのだ?

セクハラ疑惑で不信任は分からないでもないが、10増10減に反対することが不信任の最大の理由にする党と共産党は一緒にやるってどういうことか、党員は考えた方がいい。





 

田川豊、「かわいい」で炎上



田川豊が炎上しているのは知ってたが、多忙ゆえなぜ炎上してるのか分からなかった・・・そういうことか!

ちなみに田川といえば東大教養学部自治会を全学連脱退に追い込んだり、地区委員会に飛ばされたら優秀な共産党市議を離党させるとか、エース級の活躍を見せてきた精鋭だw

共産党エリートの底知れぬ能力を、これでもかと見せつける人物だから、みんな注目しようw 

各界著名人、党員は何人いる?



よくある記事だが、読むと党員も混じってるw
全員が党員というのもあり得ないと思うが、何人くらい混じってるだろう?

党員で著名な人をいかにも知らんフリして応援してます記事に出すのはよくないと思うよw 

大門みきしたん、本出してたんだ・・・

やさしく強い経済学──逆転の成長戦略
大門実紀史
新日本出版社
2022-05-20


お金持ちや大きな企業だけに顔を向けた自公政権の冷たい経済。これに替わる人を大事する経済こそ、「やさしく強い経済」だと、わかりやすく解説する書き下ろし! 従来型の「成長から分配へ」という発想からの「逆転の成長戦略」を生き生きと語ります。気候危機打開のとりくみ、ジェンダー平等、デジタル社会の発展のさせ方など、斬新に解明!

うーーん、逆転の成長戦略って、さっぱり訴求力がないですね。目次も公開してたら多少は興味も出てくるかもだけど。

たとえばですね、
・今後経済成長は、デジタルで高齢者をを戦力化できるかで決まる
・ 給料を上げると競争力が高くなる意外な理由
・ 日本にこれだけある未利用エネルギー

みたいな、何が書いてあるんだろうと思えるようだと食指が動いたんですが・・・ 

有田芳生たんの「共産党100年の手紙」



数日前に公開はされていたが有料になっていて紹介できなかった分の全文が公開されていた。
 

厳しいことばかり言ったが、国会での共産党議員の質問は、事実調査に基づいた論理がきれいに一貫しており、安心して聞ける。党員は真面目で献身的な人ばかり。選挙応援に行くと、動員力に驚く。

 だからこそ、18歳の私を魅了したあの党の姿と時代のうねりを、もう一度見たい。今も私は、上田さんの形見であるモンブランの万年筆を議員会館の机上に置いている。

あら、そうなんだ。 

問題児w松竹たんへの態度が変わってきたようだ



実は、先月、主催者がチラシを作成し、県の「赤旗」記者に見せて、「近畿版」に告知記事を書いてくれるようお願いしたそうです。そうしたら、チラシに目をやった途端、記者が告げたのがこんな言葉だったそうです。
 
「松竹さんの名前が出るような記事は載せられないことになっている」
 
 主催者はびっくりして、「何かの間違いだろう。ちゃんと確かめてから返事してほしい」とお願いしたそうです。後日、お返事があり、「関西総局に確かめたところ、やはりダメだということでした」と。

中略

 だから、今回は黙っていられないと決意し、「赤旗」にメールを出しました。党本部を退職して十数年、党費も毎月欠かさず収め、会議には欠席したことはなく、中央から地区に至るまでのどの党機関からも処分(「警告、権利(部分または全面)停止、機関からの罷免、除名」)を受けていないどころか、注意さえされたことがないのに、なぜどんな根拠で「赤旗」がそんな措置を取れるのかをお尋ねしたのです。先日、そのお返事が届きました。こういうものでした。
 
 「当方に手違いがありました。後日、近畿版の『くらしの情報』欄に掲載いたします。ご迷惑をおかけしたことをお詫びします。」
 
 真相はわかりませんが、結論は受け入れます。

いつもの、なかっことにする変化が起きているようですね。 

また出るぞ、共産党100年本

日本共産党の100年
佐藤 優
朝日新聞出版
2022-07-20

日本共産党について今、どれほどの人が正しく理解しているのか? 戦前に遡り、公式文書とされる複数の党史の中から、その後、削除された「不都合な真実」を掘り起こし、格差是正、気候変動、ジェンダー平等といったグローバルな課題に取り組む表側の姿勢からは見えない真の姿に迫る

公式党史から削除されたところに焦点を当てるのが良いですね。 

5中総について語る



正直疲れておりますので、私に語る気力はありませんw
みなさん5中総について語ってくださいw
 

中北浩爾著「日本共産党」2題




この本がきっかけで出てきた記事で、上は共産党への提言、下はこの本の広告を赤旗が拒否した件・・・というか、広告依頼したのかwww

まそれはそれとして共産党への提言として
 そうしたなかで台頭しているのが、民主的社会主義と呼ばれる急進左派の潮流である。共産主義とは違い、多様な社会主義を許容し、新自由主義に対する批判に加え、エコロジーやジェンダー、草の根民主主義を重視する。米民主党のサンダース氏、仏大統領選で3位に食い込んだメランション氏などが例として挙げられる

これは無理・・・確かにこの路線には活路はあると思うが、日本の政治界隈にはこの路線をキチンとリードできる人材が皆無だから。

しばき隊界隈を見るとわかりやすいだろう。彼の方面には立派な理論なり論理なりを構築できる人が一定数いる。野間、清、安田、津田等だ。しかし彼らは短気で、こらえ性がなく容易に敵を作る点でも一致している。例に挙げやすいのでしばき隊界隈を挙げたが、しばき隊だけでなく、これはリベラルの特徴といってもよいくらいだ。

政治界隈から目を移せば、それなりに人材はいたりするが、彼らが政治に興味を持つとは思えない。彼に興味を持っても、今のリベラルと仲間として活動していきたいとは思わないだろう。すなわち、真に優秀なリベラルの受け皿となる政党がない。近い将来できそうな雰囲気も、今のところない。

当blog読者には不評かも知れないが、表現の自由関係や AV法などで党の出した見解はぼくちんの言う「優秀なリベラル」的に。かなりいい線をついていたと思ってる。というか、議論がまとまる状況にない現状では、あれしか言えないだろうなと思いつつも立場は明確にした立派な内容だったと思ってる。

しかし、界隈からは全くトンチンカンな反論をしてきて党も困っているだろう・・・共産党の無謬主義を党外からやられているようなものなのでそれぼど党に同情しているわけでもないのだが、自分のいうことが100%通らないとヒス起こすような連中が大手を振っているようでは、優秀なリベラルは政治界隈から離れていくばかりである。

共産党のみならず、既存左翼政党全部ぶっ潰れてからでないと、日本で新しい左翼潮流は生まれないと思うな。

参議院選1人区対応、立憲の言いなり



日本共産党の小池晃書記局長は2日、国会内で記者会見し、参院選1人区での日本共産党の対応について報告しました。

 小池氏は、今回の参院選1人区で党公認候補を擁立しない選挙区は、青森、岩手、宮城、福島、新潟、長野、山梨、三重、愛媛、熊本、沖縄の各県とすると報告。鹿児島県については現在最終調整が行われており、鹿児島県を含めた場合は12選挙区で党公認候補を擁立しないと述べました

中略 
また小池氏は、それ以外の1人区ではすべて党公認候補を擁立して選挙に臨むと表明。その中で、山形、岐阜、和歌山、高知・徳島、大分の5選挙区では立憲民主党が候補者を擁立していないとして「この5選挙区では可能な限り、党候補の当選のために協力をと立憲民主党に求めた」と語りました。 

2週間前の記事の通り 立憲がとれそうな選挙区は献上し、どうしても勝てそうもないところは譲ってもらうという屈辱というか屈服というか、アメリカならぬ立憲の言いなりの党となってしまった。

党員諸君、これでいいのか?
いやね、自民党に対する公明党的ポジションをとるつもりかもだが、相手が悪すぎる。政策論を別にすれば、維新に付く方がよほどマシだろう。維新はさすがにここまで外道はしないと思うぞ。 

5月の党拡大、5月前進の体力はまだ残ってた

日本共産党は5月、全国で259人が入党を申し込み、「しんぶん赤旗」読者は日刊紙444人増、日曜版2870人増、電子版(日刊紙)50人増となりました。入党申し込み数は昨年11月の4中総以降で最多となり、日刊紙・日曜版・電子版ともに前進したのは昨年9月以来、8カ月ぶりです。

かなり増えたといっていいが、これは半分は織り込みずみ。3月転勤で減ったのを4月で取り戻すことができなくて、5月にずれ込むことが多くなっている。今回の前進もその流れだろう。

とはいえ、7月までは増えるだろうね。 
プロフィール
キンピーをネットアイドルにする怪
正式名称「キンピーを応援する会」サイト構築運営部による息抜きBlogです。
「キンピーを応援する会」サイトは、2005年7/17日にオープンいたしました。
しかし、息抜きというわりには、おかたいこと書いているな……
蛇足……当運営部には、共産党員はいないので、党中央は党員にぬれぎぬを着せることなきようお願い申し上げます。
連絡先

busayodic@gmail.com

当blogは共産党関係なら何書いても原則削除しませんが、一つだけ、マルチハンドルはご遠慮下さい。毎回違うハンドルネームを使うのは禁止にしております。今後気がつけば、警告した後、改善が見られない場合は書き込みを禁止します。




スパムに頻出するキーワードを使用すると、コメントがはねられることがあります。スパムメールによく使われるキーワードを使っていないのにコメントが拒否される場合は、上記メールアドレスにお問い合わせ下さい<(_ _)>

当blogは赤旗日刊紙購読だけでも年4万以上の経費がかかっております。少しは助けてやろうかと思うおめでたい方は、下記のリンクからアマゾンや楽天などに飛び、お買い物をしていただけると幸いです。
下記リンクから飛んで行くなら、何を買っていただいても当方に手数料が入ります。

少なくない常連さんから「ブログ運営費用と赤字を寄付してやるから、送金先を書け」とのご要望がありましたので、寄付口座を開設しました。



こちら

をクリックしていただくと、クレジットカードで寄付ができます。

支払いに必要な受取人情報
ちょコム登録メールアドレス busayodic@gmail.com

送金口座番号 312786815

振込先氏名 busayo_dic
おすすめリンク









激安?ギフトショップあい はこちら












Recent Comments
Archives
ケータイで見る時にお使い下さい
QRコード
  • ライブドアブログ