日本共産党・民青同盟悪魔の辞典+

日本共産党や民青同盟、またやりよった……ぼやきのブログ

2022年02月

炎上クイーン、池内さおりが最近何も言わなくなった。


ということで池内さおりが、上記ツイートで炎上して以来、ほぼ話題に上らなくなっている。気になって見に行くと、ほとんどリツイートのみで、たまの発言と言えば、どこかのメディアの引用するだけで自分の意見を書かなくなった。発言しないのだから、そりゃ炎上しないわw

さすがに中央委員会もブチ切れて、池内をコントロールする秘書でも付けたのだろうか?
 

共産党もカネ配ってるじゃんw



こいつは共産党の共産党資金収支報告書見たこともないんだろうなw
同じ党組織にカネ流しているのは同じだろw

反共攻撃対応より過去の反省が必要です。



積極的支持者づくりで、選挙の大戦略にすえる上での「はてなリーフ」の役割について、小池氏は、「なぜ大戦略にすえなければならないか。反共攻撃の嵐は、選挙中に吹き荒れただけではない。選挙後も拡大され、沈殿している。これを押し返す大作戦が必要だ」と指摘。同時に、「やられたから仕方なくやる」ということではないとして、京都府委員長が「二つの異常をただす民主的改革の国民的合意をつくる、この党綱領の真価が問われている局面だ」とした発言に触れ、「綱領実現のうえでも絶対に避けて通れない課題、活動だからこそ大戦略にすえて、攻勢的に取り組もう」と述べ、「この取り組みは、参院選だけでなく、中間地方選挙の勝利のためにも絶対不可欠だ」と強調しました。 

反共攻撃で総選挙負けたと思ってるみたいだが、負けた原因は立憲と組んだからだよね。誰もが今回は伸びると思ってたが、あまりに立憲の腰が引けていたと言うか、さもしくいいとこ取りだけするために共産党を利用しようとしていた。そんな奴と組んだことをまず反省しないと・・・
 

幹部会報告、もはや涙なくして読めないわ


コロナ・オミクロン株の感染急拡大のなか、「国民の苦難軽減」に献身し、参院選勝利をめざして奮闘する全国の同志のみなさんに、心からの連帯と敬意を表明する。

 「4中総徹底と反転攻勢めざす特別期間」(12月〜1月)のとりくみを通じて、4中総決定が8割を超える支部で討議され、4割弱の党員に読了・視聴された。4中総決定は、総選挙の「がっかり感」を払拭(ふっしょく)する大きな力となり、全党に新しい活力、明るさ、エネルギーが生まれている。4中総の全党徹底、党旗びらきあいさつの活用は、引き続き党活動の最優先課題である。

 同時に、参院選勝利・躍進をめざす活動では、得票目標・支持拡大目標を決定した支部は3割台半ば、宣伝、対話・支持拡大に踏み出した支部は3割弱、入党を働きかけた支部は1割に満たず、読者拡大成果支部は3割にとどまっている。4中総決定を具体化し、参院選勝利・躍進をめざす活動を本格的に発展させることは、これからの大きな課題である。
中略
 今年は党創立100周年となる。いまわが党は、100年という歴史上初めて、日本共産党が参加する政権を現実の課題として追求する歴史的時期――「新しいステージ」に立っている。この歴史的時期に照らして、わが党のもつ政治的・組織的な力量には大きなギャップがあり、それを前向きに打開する活動が強く求められている。

 ギャップをのりこえる条件は大いにある。何よりも2年前に決定した改定綱領は、社会変革をすすめる最大の政治的・理論的力である。1万8000の支部と2600人の地方議員をもち、草の根で国民と結びついていることも、わが党の誇りである。 

以前はこんな退屈な文章読めるかと思っていたが、今は内情が分かっているだけに、同情を禁じえない。

 

党議席空白地区に移住・帰郷して欲しい

クリックしたら拡大します。
FLIvtoXUcAAGsG9







以前から議席空白地区で候補者になってくれる人は募集していたが、 68歳の同志を紹介されても・・・いや、壱岐市の山口よしひで市議は、よくがんばられたと思うんですよ。でも、もっと若い、20代30代の人の成功例を出さないと効果薄だと思うけどね。

実際のところは、そんな例がなかったのかもしれないけど。 

共産党大喜びなんだろうな



若い人がドンドンこうやって入っていってくれるといいが、今の党だとドンドン離党しそうな気も・・・

コメント欄でボロクソに言われてることが多いけど 、ぼくちんは中野さんを評価している。何十年と党に浸かってる人じゃないんだから、もう少し長い目で見た方がいいと思うけどな。

 

岩手県委員会、自民党岩手支部連合会に抗議



参議院岩手選挙区の自民党予定候補が誹謗中傷したと言うことで抗議。
問題になってる発言はすでに削除されているが、まぁ雑な共産主義の理解なのはわかる。
やるならもっと、日本共産党について勉強しないとw

愛知県議補選(豊橋市選挙区)の笑点

ワーストトリオたんのコメント
あまり話題になりませんでしたが、2/6投票で「愛知県議補選(豊橋市選挙区)」があり、定数2に3名立候補。共産党の元県議・下奥奈歩氏は3位で落選。 

県議空白の愛知。何とか議席獲得と力を入れていたみたいですが、ぽっと出の減税日本&維新の会の候補(確か告示2日前に立候補表明)に競り負けたそうです。共産党の組織力も、相当下がっているのでしょうかね。  

某所からも情報提供があり、調べるとこんなポスター貼ってたようでワロタw
 

何度も書くが民青はこういう人を入れるな



浜松出身、私立美大卒の衆議院東京24区候補の方の奨学金返済の嘆き
プロフィールを見ると高校から民青入ってる純粋培養型の方なのだが、これは反発くらいかねないよね。

バブル真っ最中の時ですら地方の高校生で東京の私大への進学とか経済面で考えられなかった人は少なくないからねぇ。私大の医学部とか絶対無理。

もちろんカネなくてもアルバイトと奨学金を併用してがんばる人も多いのは知ってるし、学費無料化は進めるべきだとは思う。しかし、こういう経歴の人は民青に入っても専従とかやっちゃダメなのです。

党も入れちゃダメなのです。入れるのは裕福なとこの人じゃなきゃ。

立憲泉代表無視する岩手県の立憲民主党。



立憲泉代表は、野党共闘は白紙になったとのたまいましたが、岩手県ではそうじゃないようですw
民主集中制ならぬ、立憲分散制でしょうか(はw?) 

小池怒りて笛を吹く





共産党の小池晃書記局長は2日の記者会見で、立憲民主党の泉健太代表が共産党との協力関係について「白紙にする」と発言したことに対し、「見過ごすことができない発言だ」と不快感を示した

中略
野党候補の一本化が焦点となる夏の参院選「1人区」で「候補者擁立を加速させ、どんどん擁立する」と立憲側をけん制した。 

懸命に愛そうしていた女に裏切られ、足引っ張るぞーと言わんばかり。それでいいんだよ。
両方沈むけど、それは小池のの責任じゃない。立件の責任だから。

ただ、また供託金をドブに捨てるのかと党員に言われたらどうする? 

Netflixドラマ「新聞記者」を絶賛した志位小池



ネットフリックスのドラマ、「新聞記者」を絶賛する、蓮舫、小池晃、志位和夫が、ドラマ制作側の改ざん問題発覚後にだんまりを決め込んでいるという・・・

立憲民主党の蓮舫議員(54)は1月18日、こうツイート。
 《新聞記者 話題の番組を観ました。素晴らしい俳優陣の危機迫る演技はさすがです。ドラマの本題は「事実」起こったことです。国政調査権さえも否定、公文書さえも改ざん。国会で取り上げると「他にやることがある」と激しい批判がSNSに集中との異常な空気。終わっていません。質します》

 また日本共産党の志位和夫委員長(67)は同月22日、Twitterに《仕事の合間をぬって『新聞記者』をみています。米倉涼子さんはじめ出演者の演技に、胸が締めつけられる思いで、目が離せません。このような映画を世に送り出した方々に敬意を表します》と投稿。同党の小池晃議員(61)も同月16日に《Netflixで『新聞記者』見始めたら止まらない。脚本も凄すぎる。俳優さんたちも凄すぎる》とつづっている。 

そういえば赤木ファイル振り回して選挙活動してた、宮本たけし先生はどうかとツイッター調べたら、何も書いてなかった・・・・たけし先生の方が志位小池より賢いとわwww

一月党拡大、後退



特別期間終了と言うことで
「第1次折り入って作戦」と結んでの「しんぶん赤旗」読者拡大では、参院選勝利のためには「これ以上の後退は許されない」という全党の切実な思いも力にしてとりくみ、日刊紙マイナス319、電子版プラス89、日曜版マイナス1244で、増勢まであと一歩となりました。日刊紙・日曜版ともに前進したところが東京、長野、福井、大分の4都県、どちらかで前進したところが15道県に広がったことは貴重であり、2月に全国的前進へ転じる重要な土台となるものです。

 世代的継承を中軸とする党員拡大では、入党申し込みが190人にとどまり、現勢では後退の見通しです
12月の特別期間の実績はこちら。 
大運動しても増えない深刻な事態。
 

だから立憲はダメなのよ



これは小池が正しい。
というか、泉代表は共産党に出向いて説明してなかったんだな。
そんなんだから立憲はダメなのよ。

すでに参議院戦敗北を見据えて、次の党首を誰にするのか立憲内で議論されてるわけだわw 

議員がウソついちゃいけませんね。



ついてるレス見ていると、全く賛同がないw
アホなこと書いていても、香西克介とか支持者が擁護している反応も見られるものだが、今回はそれもないw 

ハスカップたん曰く「これはひどい。ここまで落ちたか」
マジこれ。 

野党共闘、完全終了か?


夏の参議院選挙に向けた共産党との関係をめぐって、立憲民主党の泉代表は31日夜、フジテレビのBS番組「プライムニュース」で、「これまでの連携は白紙にすると宣言している」と述べました。
この中で立憲民主党の泉代表は、夏の参議院選挙に向けた共産党との関係をめぐって、「これまでの連携は白紙にすると宣言している」と述べました。
そのうえで、2月末に予定している党大会で方針を示す考えを明らかにし、共産党が求める選挙協力に向けた協議にも党大会前に応じることはないという認識を示しました

党大会後に、いや、やっぱり共闘しますと言い出す可能性もないわけではないが・・・
社民党や、れいわと共闘を続けるだろうから完全に終了するわけではないが、もう野党共闘で結果を出せる可能性はゼロになりそうですね。 

新しい入党リーフできました



新しい入党リーフが出来たということで
日本共産党は、今年7月、党創立100周年を迎えます。中央委員会は、「多くの方々に、このリーフを手にとり、日本共産党綱領を読んでいただき、入党について支部の党員と語り合っていただきたい」とよびかけています。
ご希望の方は、最寄りの日本共産党都道府県委員会、地区委員会に問い合わせてください。 

今、どんどん高齢党員が亡くなり、党員数がドンドン減少しているわけだが、若い人が入ってくれない。赤旗日刊紙が近いうちに電子化される見込みだが、若い人がいなくて配達要員の確保が難しくなっているのも背景の一つだろう。

にので今から入ると党員の赤旗の配達負担は激減すると思うが、拡大はしなきゃならない。若者の負担は相対的に高くなるが、若い人がそんな負担に耐える価値のあるほどの社会的展望が党にあるのかどうか?

そこが1番大きな問題だと思うね。

赤旗創刊94周年、出せない名前の多いことw



紙を手に入れることにも大変苦労した。小さくたたみどこかに隠して手渡しするためには、なるべく薄く丈夫な和紙が必要だった―。創刊発行者の妻が当時の状況を語っています▼軍国日本による中国侵略がさしせまった1928年2月1日。日本共産党の中央機関紙「赤旗(せっき)」が産声をあげました。発行部数は800部ほど。特高に気づかれないよう数軒の店から美濃紙を買い、寝食を忘れて印刷。架空の発送元を使い、筒状にして各地に送ったといいます。 
労働運動から共産党に入り「赤旗」の編集発行に携わった斎藤久雄さん。その活動を支えた妻・山田フミさんの秘話が本紙に掲載されたことがあります(1990年4月15日付)。大衆の前に党が公然と姿を現した実感や、わずか4号で大弾圧にあったことも。 

初代編集長水野成夫とか、戦前逮捕されるまで発行を続けた袴田里見とか、転落者として出せない名前が多くて困ったものですね。

プロフィール
キンピーをネットアイドルにする怪
正式名称「キンピーを応援する会」サイト構築運営部による息抜きBlogです。
「キンピーを応援する会」サイトは、2005年7/17日にオープンいたしました。
しかし、息抜きというわりには、おかたいこと書いているな……
蛇足……当運営部には、共産党員はいないので、党中央は党員にぬれぎぬを着せることなきようお願い申し上げます。
連絡先

busayodic@gmail.com

当blogは共産党関係なら何書いても原則削除しませんが、一つだけ、マルチハンドルはご遠慮下さい。毎回違うハンドルネームを使うのは禁止にしております。今後気がつけば、警告した後、改善が見られない場合は書き込みを禁止します。




スパムに頻出するキーワードを使用すると、コメントがはねられることがあります。スパムメールによく使われるキーワードを使っていないのにコメントが拒否される場合は、上記メールアドレスにお問い合わせ下さい<(_ _)>

当blogは赤旗日刊紙購読だけでも年4万以上の経費がかかっております。少しは助けてやろうかと思うおめでたい方は、下記のリンクからアマゾンや楽天などに飛び、お買い物をしていただけると幸いです。
下記リンクから飛んで行くなら、何を買っていただいても当方に手数料が入ります。

少なくない常連さんから「ブログ運営費用と赤字を寄付してやるから、送金先を書け」とのご要望がありましたので、寄付口座を開設しました。



こちら

をクリックしていただくと、クレジットカードで寄付ができます。

支払いに必要な受取人情報
ちょコム登録メールアドレス busayodic@gmail.com

送金口座番号 312786815

振込先氏名 busayo_dic
おすすめリンク









激安?ギフトショップあい はこちら












Recent Comments
Archives
ケータイで見る時にお使い下さい
QRコード
  • ライブドアブログ