日本共産党・民青同盟悪魔の辞典+

日本共産党や民青同盟、またやりよった……ぼやきのブログ

戦時中にこんなゲームがあったらしい



追記
ちなみにYahoo!オークションに色つきが出ている。明日が入札期限だが、今のところ入札はないw
 

クビにはならないが、立候補はさせてもらえなくなるかもね




共産党医師、救急外来に勤務する


谷川たんは、先日の総選挙にも出ていた人だが、久しぶりとは言え最前線で働く医師でもあったのですね。小池晃も今でも診療することはあるそうです。

倉林明子たんとかも、看護師だったはずですが、今でも勤務することあるのだろうか?

田村智子の総選挙反省ツイートが削除された件

ということで、にちゃんねるからサルベージ

野党共闘が「政権選択」 というところまで発展し、現政権の勢力を心底怯えさせた。共産党が関与する政権でいいのかという宣伝が大量に行われた。野党としての共産党なら良いけれど、政権に関わったらどうなるの?という不安は、私たちの想像を超えて広がった。選挙後にそのことを思い知った‥‥

私も含めて、演説で各地を回っていると、相手陣営の演説をリアルに知る努力が弱くなり、共闘攻撃、共闘の推進力となった共産党への攻撃が、どういう影響を広げているか、掴めていなかったという大きな反省があります。それでも、空気のように感じていたことはありました。振り返ってみます‥‥

選挙戦が始まる直前、「政権選択の選挙」とNHKが報じた時、つきにここまで来たか、と感動さえ覚えた。この状況をつくりだしたのは、まさに私たちの努力の積み重ねだったから。選挙初日から「政権交代を始めよう」、6年間の市民と野党の共闘の努力を、花開かせようと奮い立つスタートだった‥‥

政権交代という呼びかけが、上滑りしているのでは?と感じ始めたのは週末だった。日曜日から演説を変えた。コロナ危機での無策、なぜ選挙になるまで給付金を拒否していたのか、現政権への怒りを自分自身ももう一度思い起こして、政権交代へのほ本気の共闘を強調した‥

小選挙区候補者の演説から、自民公明だけでなく維新の候補者も「安定政権か、不安定な野党共闘の政権か」と演説していることを知り、さらに演説を変えた。例えば、気候危機について。炭素や原発利権を温存するのが安定というのなら、そんな安定はいらない、変革こそ必要ではないかと‥‥

共闘攻撃が、安全保障問題に集中的に向けられていることも、垣間見たニュースで知った。4つのチェンジの4番目の演説を変えた。安保条約廃棄を今は求めない、しかしこの立場を持つ共産党の役割を、
米軍基地問題との関係で話した。しかし、国民の中に広がる不安を掴んでのものではなかった‥‥

選挙終盤、比例で苦戦しているとの情報に、なぜ?と困惑した。自力が弱まっている、でも選挙は自力にプラスα「勢い」「風」を起こすもの。なぜそうなっていないのか、もっと突き詰めて、対話の状況、相手陣営の攻撃を、私たち幹部が掴めていなかったことは痛苦の反省‥‥

選挙後も、なぜ日本共産党だけが比例票を減らしたのか、何が起きたのか、何が足りなかったのか、
なかなか見えてこなかった。そのモヤモヤのまま、11月3日、憲法守れの国会行動で党代表のスピーチへ。市民の皆さんの共闘への熱い思いに、涙が出るほど励まされた。共闘の発展しかない!と確信した‥‥

野党共闘の魅力を存分に発揮した東京8区など、その熱気を現場で知っていただけに、共通政策を正面に掲げて、共闘する政党が肩を並べて、本気で勝ちにいく、これは攻撃を跳ね返す勢いをつくることを実感。この確信は揺るがない。そうならなかった選挙区が圧倒的に多かった、この克服は大きな課題‥‥

特に気候危機打開、ジェンダー平等は、日本社会の構造的な変革が必要で、政権交代に直結する要求なだけに、大きな共感が広がったと思う。一方で、この課題で問題意識、要求や苦悩を持っていても、政治と繋がっていない人も多い。ここからどう広げるかに挑戦したい‥‥

選挙後、一番考えたのは、野党としての共産党ならば、気になるけどスルーした問題が、政権に関わる存在になった時、全く異なる不安になるのでは?ということ。安保外交、経済、未来社会への展望。「その道が社会の発展方向だし、今日的課題だ」と納得してもらえるものとして示せるかが問われている‥

いま私はウズウズしています。総選挙で私たちは政策を語った、政権交代の必要性を語った。現政権の勢力は、政策論争ではなくレッテル張りの攻撃、不安を煽る印象操作を大量にすることしか出来なかった。もちろん、国民の不安の払拭は一筋縄ではいかない、でも道は見えている。
新しい挑戦を始めよう!

共産党がどんな政党だと思われているのか、ようやく理解し始めた模様w
でも、もう遅いよね。 2009年の参議院選の頃には、気がつくべきだったよ。

怪しい共産党告発に注意w



旅費交通費に噛みついているのが気になったので調べてみたら、かなりデタラメ・・・告発者がw

1回100万円の旅費だが、調べたら、この方2019年11月から沖縄にオルグに入ってる。おそらく県議選のためだろう。そりゃ旅費100万くらいは普通にかかる。

共産党のオルグは、地方機関の者が重要な選挙区に長期間入ることが少なからずある。一ヶ月2ヶ月活動するとか、普通にあるのだ。下手すりゃ半年くらい行ってることも・・・告発者のプロフィールに元永田町住人とあるが、永田町の人間だからと言って共産党のオルグの実態を知っているとは限らない。

さらに、この方の住所を検索して豪邸だと言ってるが、家の表札名が100万円旅費の人と違いますけど?

てな感じで、いかにも調べたかのように書いているが、実際はデタラメ度がかなり高い。こういうのには騙されないようにしましょう・・・って、なんでぼくちんが共産党擁護しなきゃならんのだw。

追記・沖縄オルグの出張は、コロナのせいで帰るに帰れなくなって、沖縄で活動するしかなくなった例もあるようだ。

日本共産党は日本一古い政党ですw



日本共産党は来年100周年を迎える、日本で最も古い政党です。
共産党批判をドンドンやれとの志位委員長のご託宣。
みなさん、どんどん批判してあげましょうwww 

11月の党拡大は後退

元党員のとらさんから、11月の党拡大の結果
日刊紙 2173部減
日曜版 11,335部減 
電子版 36部増

党員数は157人

いずれにせよ未発表の10月もこんな感じで減っていたと思われる。そう考えると来年6月までの目標数値の設定にも合点が行く。


子供のケンカだわw

野党共闘が消滅しても、共産党執行部が責任を取ることはない。


共産党が焦りの色を濃くしている。先の衆院選で立憲民主党と構築した協力関係を来年夏の参院選でも維持したいと考えているのに対し、立民の泉健太新代表は共闘の在り方を根本から見直す考えを明らかにしているからだ。立民の方針転換は共産の孤立を深めかねず、総がかりで共闘の意義を訴えている。
中略
共産と距離を置く日本維新の会と国民民主党は衆院選で勢力を伸ばした。立民が共闘路線の見直しに踏み切れば、共産が孤立を深める可能性が高い。
衆院選で共産は2減の10議席にとどまっており、自民党幹部は「共闘路線が頓挫すれば牽引(けんいん)役の共産執行部が責任を問われかねない。なんとか立民をつなぎとめたいところだろう」と話す

共産執行部が責任を問われることはないです。今回の敗北よりももっと責任を取らねばならないケースでも責任とったことがありません。しかも今回は組んだ相手が悪すぎたのも敗因の一つですから、責任とるなんてあり得ませんw
 

2021年11月、情報提供、雑談スレ

今年も11月になりました。
おいしいものがたくさんとれる時期なので、読者諸兄には国産の秋の味覚をおすすめします。
日本の農業ガァーなんて叫んでいるより、国産農作物を注文する方がよほど農業を護ることになりますからね。
プロフィール
キンピーをネットアイドルにする怪
正式名称「キンピーを応援する会」サイト構築運営部による息抜きBlogです。
「キンピーを応援する会」サイトは、2005年7/17日にオープンいたしました。
しかし、息抜きというわりには、おかたいこと書いているな……
蛇足……当運営部には、共産党員はいないので、党中央は党員にぬれぎぬを着せることなきようお願い申し上げます。
連絡先

busayodic@gmail.com

当blogは共産党関係なら何書いても原則削除しませんが、一つだけ、マルチハンドルはご遠慮下さい。毎回違うハンドルネームを使うのは禁止にしております。今後気がつけば、警告した後、改善が見られない場合は書き込みを禁止します。




スパムに頻出するキーワードを使用すると、コメントがはねられることがあります。スパムメールによく使われるキーワードを使っていないのにコメントが拒否される場合は、上記メールアドレスにお問い合わせ下さい<(_ _)>

当blogは赤旗日刊紙購読だけでも年4万以上の経費がかかっております。少しは助けてやろうかと思うおめでたい方は、下記のリンクからアマゾンや楽天などに飛び、お買い物をしていただけると幸いです。
下記リンクから飛んで行くなら、何を買っていただいても当方に手数料が入ります。

少なくない常連さんから「ブログ運営費用と赤字を寄付してやるから、送金先を書け」とのご要望がありましたので、寄付口座を開設しました。



こちら

をクリックしていただくと、クレジットカードで寄付ができます。

支払いに必要な受取人情報
ちょコム登録メールアドレス busayodic@gmail.com

送金口座番号 312786815

振込先氏名 busayo_dic
おすすめリンク









激安?ギフトショップあい はこちら












Recent Comments
Archives
ケータイで見る時にお使い下さい
QRコード
  • ライブドアブログ