日本共産党・民青同盟悪魔の辞典+

日本共産党や民青同盟、またやりよった……ぼやきのブログ

原田あきらが挑発だとわかっているのに墓穴を掘る件



この藤末という議員、もともとコンテンツ産業に関心が高く、コミケ関係者からとても高く評価されている議員のようである。表現規制にも反対派である。

 

かような人が、このような写真を発信しているのは、バカだからではなく規制派に対する挑発的態度であるからして、批判する方はよほど気を付けて反応しないと有権者からそっぽを向かれる。

だから原田あきらなんかがやっちゃいけない。原田ごときがやるからルッキズムでこう突っ込まれる。あきらかに挑発だと分かっているのに墓穴を掘る・・・だから、あきらなのかと言ったら名前を屋すると批判されるだろうなw
 


webスタンプラリー始まるも


共産党の“ホント”を発見! さまざまな問題に日本共産党がどんな姿勢を取っているか、綱領にそくしてイラストや写真をまじえ分かりやすく知る新企画「“綱領”スタンプラリーの旅」(写真)が、党ホームページの「JCPウェブマガジン」で始まりました。

 ウェブ上のスタンプラリーは、テーマごとにチェックポイントをめぐり、最後まで読んだら架空のスタンプを押して別のテーマに進む形式。これまでに「覇権主義」「天皇の制度」が公開され、参院選に向けて順次充実させていく予定です

おっ、なかなかいい企画と思いきや、最後まで読んだらスタンプがすでに押してあって、スタンプラリーになってないんだがw

押せないならまだクイズ形式にした方がいいと思うぞ。 それと完成したら先着でいいからなにかプレゼントがあってもいいな・・・赤旗電子版一ヶ月無料とか。

豪華景品つけるならもっと難しいのを・・・小畑達夫をリンチで殺したのは今のどこかとか、亀井勝一郎は党員時代何の任務途上で捕まったとかw
 

共産党ドキュメンタリーの惹句を考えよう。

共産党映画「百年と希望」に関して、暇人たんのコメント

これは川口浩探検隊みたいなノリで見ればいいんですかね?

「津久井の豪邸に住む赤い貴族は実在した!!」
「京都の山中に出没する謎の鮎を追え!」
「恐怖の炎上!無知と暴言の連中を東京都委員会に見た!」

面白そうなので、続けましょう。たとえば

「大阪漫才対決!元プロと天然、勝者はどっちだ?」
「池内さおりの謎・愛媛県委員長の旦那をなぜ詰めない?」 
「共産党幹部立候補、供託金没収落選トップは誰だ?」 

とかねw 

近江八幡市議補選、むなしい勝ち誇り方


17日投開票の滋賀県近江八幡(おうみはちまん)市議補選(定数2、立候補4人)で、日本共産党の井上佐由利氏(57)=元=がトップ当選し、3議席を回復しました。目標の1万を大きく超える1万2039票(得票率39・80%)を獲得し、昨年の衆院選での日本共産党比例票2845票(得票率7・42%)を4・23倍に伸ばしました

当選はおめでたいことだけど補選で取れる票なんか多くなるのが当たり前。7年前の選挙では上位当選で1600票もなかった方(3年前は不出馬)。仮に次の選挙で2000票で当選したら得票数を1/6に減らしたなんて言うはずもない。空しい勝ち誇り方である。

共産党映画「百年と希望」形になってきました



ま、こんなもんでしょう。
それにしても観客動員数がどれほどになるのか・・・ 

筆坂証言、党は反論不能。



当時の政策委員長に言われたら、反論不能だよね。 

ロシアのウクライナ侵略もあってのことだろう。共産党の志位和夫委員長が、唐突に、いざというときには自衛隊を活用すると語ったことが波紋を広げている。

 実は共産党の自衛隊活用論には、私も大いに関わっている。いま共産党の幹部の人でもこの経過を知っている人は少ないだろう。共産党が「急迫不正の主権侵害が起こった場合には、自衛隊を含めてあらゆる手段を行使して、国民の命と日本の主権を守りぬく」という方針を打ち出したのは、私が共産党の政策委員長だった時だ。自衛隊は憲法違反の存在と言っていた共産党にとって、これまでの方針を大転換するものだった。 

中略
なぜこんな姑息な解釈変更をしたのか。理由は明らかだ。実は、2000年に共産党が打ち出した自衛隊活用論は、平和活動家や党内では評判がすこぶる悪かった。「違憲の自衛隊を活用するなどとんでもない」というのが意見の主流だった。共産党指導部はこの空気を感じ取って、密かに方針の転換を図ったのだ。

 だからこそ藤野保史衆院議員(現在は落選中)が防衛予算を「人を殺すための予算」と発言して、物議を醸したこともあった。当時、藤野氏は共産党の政策に責任を持つ政策委員長であった。それが、この認識だったのだ。しかもこの発言に党内からはほとんど批判の声があがらなかった。

 お分かりいただけるだろう。その時の空気で変幻自在に方針が変わるのが共産党なのだ。ロシアのウクライナ侵略を見て、またまたこの方針を転換して、自衛隊活用論を恥ずかしげもなく打ち上げただけなのだ。また何かあれば転換するのだろう。こんな政党を信用できるわけがない。 


幹部会報告読了率の衝撃



幹部会報告読了率
全国的な指導的同志の読了は、都道府県・地区役員86・2%、地方議員90・2%、支部長62・5%、支部委員51・6%、討議・具体化支部は30・9%、読了党員は16・6%、届けは43・1%で、この間の決定の徹底のスピードを上回っている党組織も少なくありません。すべての機関役員、地方議員、支部長・支部委員に一刻も早く読んでもらうとともに、幹部会報告を討議・読了した役員・支部指導部が、幹部会報告の中心点、その威力をおおいに語り、全党員読了、全支部討議・具体化をやりぬこうではありませんか。 


都道府県・地区役員と議員で読んでいないのが一割(以上)もいる。 支部長の1/3、支部役員の半分が読んでいない。8日の赤旗に書いてあるにもかかわらずだ。
党員は日刊紙を読まないといけないのに、どれだけ日刊紙を読んでいないのか・・・ 

クニチュウ、いつの間に議員引退?



昨日北海道士別市議会議員選挙があったのだが、元共産党の国忠崇史議員の名前がない。
落選したのではなく、そもそも出馬をしていないことから、議員は引退したとみられる。 

いったいどこからこんなデマが?



スターリン時代に党大会が開かれてなかったとか、デマとしてもあまりに嘘っぽくて香西くらいしか信じないと思うけど、いったいどこから出たデマなんだろうか?

立憲小川淳也政調会長、共産党吸収を夢想?



立憲民主党の小川淳也政調会長は14日の記者会見で、共産党の志位和夫委員長の自衛隊をめぐる発言について「当たり前のことを当たり前に言っている。非常に心強い」と述べた。「欧州の共産党の歴史が参考になる。中道勢力との選挙区調整に入り、戻れない道となっていく。最終的には中道勢力との合流や党名変更という歴史をたどった」と述べ、立民と共産の連携強化に期待を込めた。 

なんで欧州の共産党のことを話すのか?
共産党は近いうちに党名変更し、自分たちと政策面でもかわらなくなってきて最後は立憲と合併みたいなことを夢想しているんじゃなかろうか?

もしそうなら、甘いよねw


 
プロフィール
キンピーをネットアイドルにする怪
正式名称「キンピーを応援する会」サイト構築運営部による息抜きBlogです。
「キンピーを応援する会」サイトは、2005年7/17日にオープンいたしました。
しかし、息抜きというわりには、おかたいこと書いているな……
蛇足……当運営部には、共産党員はいないので、党中央は党員にぬれぎぬを着せることなきようお願い申し上げます。
連絡先

busayodic@gmail.com

当blogは共産党関係なら何書いても原則削除しませんが、一つだけ、マルチハンドルはご遠慮下さい。毎回違うハンドルネームを使うのは禁止にしております。今後気がつけば、警告した後、改善が見られない場合は書き込みを禁止します。




スパムに頻出するキーワードを使用すると、コメントがはねられることがあります。スパムメールによく使われるキーワードを使っていないのにコメントが拒否される場合は、上記メールアドレスにお問い合わせ下さい<(_ _)>

当blogは赤旗日刊紙購読だけでも年4万以上の経費がかかっております。少しは助けてやろうかと思うおめでたい方は、下記のリンクからアマゾンや楽天などに飛び、お買い物をしていただけると幸いです。
下記リンクから飛んで行くなら、何を買っていただいても当方に手数料が入ります。

少なくない常連さんから「ブログ運営費用と赤字を寄付してやるから、送金先を書け」とのご要望がありましたので、寄付口座を開設しました。



こちら

をクリックしていただくと、クレジットカードで寄付ができます。

支払いに必要な受取人情報
ちょコム登録メールアドレス busayodic@gmail.com

送金口座番号 312786815

振込先氏名 busayo_dic
おすすめリンク









激安?ギフトショップあい はこちら












Recent Comments
Archives
ケータイで見る時にお使い下さい
QRコード
  • ライブドアブログ