日本共産党・民青同盟悪魔の辞典+

日本共産党や民青同盟、またやりよった……ぼやきのブログ

人間穀田って、せいぜいこの程度の人。




共産党の穀田恵二国対委員長は15日の記者会見で、党が除名処分を下したジャーナリストの松竹伸幸氏と同時期に著書で党首公選制導入などを求めていた党員の鈴木元氏について、「私は『けしからん』と思っている」と述べた。党京都府委員会で「調査中」であることも明らかにした
中略
詳しく別に著書を読んでいるわけではないが、悪罵の限りを投げつけているということはもはや明らかだし、そういう点では私は『けしからん』と思っている

穀田が最低だと思うのは、鈴木元たんは穀田が国会議員になったときの後援会長だったか事務局長だったかで、本来足を向けては寝られない人なんだね。

そういう方と袂を分かつなんてことも長い人生の間にはあったりもするのだが、そんな恩義がある人の処分についてへらへらと笑いながらしゃべっているのは、人としてどうなのよとw
しかも本は読んでないと公言して、悪罵の限りを投げつけていると判断するとか、馬鹿丸出しだし。よくも恥ずかしげもなくこんなこと言えるもんだわ。少なくともぼくちんにはできないわwww

しかも、けしからんとかwww・・・裏では穀田も志位・小池の怒りにまかせた今回の事件について、いったい何を言っているんだと戸惑ってると聞いていた。自分の出身母体の京都府委員会は鈴木一派(笑)の巣なわけで、恩のある鈴木氏を守りたいが、党中央との板挟みのつらい状態になっていると想像していたぼくちんが馬鹿でしたわwww。

結局、穀田って、その程度の人間なんだね。

 

志位たんの札幌青年との交流、五寸釘はいなかったのか?



日本共産党の志位和夫委員長は12日、札幌市での演説会で訴えた後、参加した青年と交流しました。「もうすぐ18歳。政治のことをもっと知りたくて」「自宅に演説会のチラシが入っていて」と、社会人や学生、高校生が参加しました

 五寸釘ほなみたんはいたのだろうか?少なくとも記事には出てこない。
ぜひいて欲しかった!そして松竹たんの件で質問して欲しかった。
ここで逃げだら五寸釘の名がすたる! 

マスコミの目が鈴木除名に向き始めた。



松竹氏は、党本部で安保外交部長などを務めた論客だが、同書での問題提起が問題視され、結果的に除名処分となった。一方で同様の内容の書籍を出版した人物の書籍は今のところ不問に付されているため、党内からもダブルスタンダードではないかとのツッコミが出ているという。一体どういうことなのか?

松竹除名のニュースとしての鮮度が落ちてきたからだろう。以前からみんな知ってた鈴木元たんを除名ししないダブスタを採り上げ始めた。

記事にあるように、いっせい地方選の後に処分を下すのか、マスコミのみならず我々も興味津々なわけだから、選挙中は何かでネタを引っ張る必要がある。で、マスコミ総出でいっせい地方選の候補者に「松竹さんの除名についてどう思いますか」と聞いて回ると面白いだろうねぇ。

選挙の立候補者にインタビューするのは、地方紙や地方版のお約束だし、候補者もインタビュー拒否はしたくない。となると絶対答えなきゃならないわけで嫌でも何か言わないといけない。

そして松竹除名が正当だと言えば、共産党に投票しようかと思ってる人の票が、それなりに減るリスクがある。反面、松竹擁護をすれば候補者は党から睨まれ、蛭子南あわじ市議のように査問を受けることになるだろう。

なので、いっせい地方選が始まったら、ネタが尽きないんじゃないかな?
あっちこっちの地方選挙の候補者のインタビュー記事が送られてきたら、ぼくちん死ぬけどw

 

蛭子議員に法律家がアドバイス



たぶん、党のやり方に怒った弁護士か裁判官か知らんが、とにかく法律家と呼ばれる人が助言したようである。小林節が何言っても、無駄らしいw
内容は以下の通り

ある法律家の方から、こんな投稿が寄せられました。紹介します。 <除名、除籍の要件の整理>  松竹さんの他にも、全国で執行部批判のSNS投稿で、良識ある党員さんが、地区委員会から除名又は除籍を迫られている被害に逢っています。そこで除名又は除籍...

蛭子 智彦さんの投稿 2023年3月12日日曜日

ありのままの姿は、やってみたかったか、ヒラメの忖度ですねw


共産党から除名処分を受けたジャーナリストの松竹伸幸氏のインタビュー記事を掲載した長崎新聞社(長崎市)に、党長崎県委員会が抗議していた問題で、共産の小池晃書記局長は13日の記者会見で「抗議は明らかに行き過ぎた対応だった。常任幹部会でそのことを確認し、党長崎県委は長崎新聞社に対して抗議を撤回し、謝罪をした」と述べた。また、関係者に対し注意もしたという


要は、共産党がよくやるメディアへの抗議を見ていた長崎県委員長が、松竹インタビュー読んで「俺もやってみてぇw」と考えたか、党の意向を忖度して抗議したってところなんでしょうね。
それに赤旗編集部も乗ったとwww

で、メディアへの抗議は中央の専権事項だと怒られたとw

民主集中制のありのままを見た思いでつwww



 

富山県党幹部、自殺か?

ないジェル堂たんより
3月10日あたりに富山県の共産党幹部であった(除名されたらしい)多田裕計氏が石川県内で車中自死していた模様

有名な作家さんと同姓同名だが、 砺波市議会議員を1期だけ務めた方らしい。
自殺とすれば原因は何か、動機に党が関わっているのか気になるところである。
除名されたとしても、除名理由がたとえば松竹擁護か何か犯罪かで評価は180度変わるからね。
 

ありのままの姿を見ろと言って隠すのはなぜだw?

ありのままの姿を見せたくなくて、隠しまくってますなぁwww


ありのままの姿見られたら困るやんw



ありのままにみんな見ているから支持されないのにねw

特に松竹事件、党外の目線でありのままに見たら、どう見ても民主的な党には見えないわw 

 

鈴木元たん、意見送ってもなしのつぶて

鈴木元たんのfacebook
共産党中央の安全保障政策をめぐっての松竹伸幸氏、私・鈴木元への対応  
 松竹氏への処分の最大の理由とされているのが、規約に基づいて党内で問題にせず突然党外で本にして自分の主張を述べたとするものである。これが事実でないことは松竹氏の「シン・日本共産党宣言」を読めば分かることである。

彼は党本部において安全保障問題で何回も志位委員長に意見をあげ論争している。松竹氏は将来、綱領に基づいて安保破棄・自衛隊解散を目指すが、当面日本への侵略があった場合は米軍の出動・自衛隊の活用はさけて通れないとの趣旨で意見を述べた。それに対して志位委員長は、わが党は安保破棄・自衛隊解散だと主張した。それで松竹氏は中央の勤務員を辞めざるを得なくなった。

ところが志位氏自身が、昨年の5月28日「朝日新聞」のインタビューに答えて、自衛隊の活用どころか、わが党が入った政権では自衛隊は合憲と言い、別の個所では当面安保条約は維持すると言っているである。だから当時の論争を知っている人たちからは志位委員長は松竹氏に謝罪すべきだし松竹氏は辞める必要は無かったと言っているのである。共産党中央は松竹氏に対して一度も党内で異論を言わなかったと言っているが、そうでないことを一番知っているのは志位氏である。
 
 私は志位委員長宛てに彼が自衛隊合憲論を述べたことにたいして批判の文書を送るとともに、返答を求め住所・ファクス・Eメールを知らせ返事を待った。しばらくすると私のパソコンメールに、メール係の名前で、共産党の安全保障政策に関する文書が届き、志位氏の意見はわが党の方針そのものであるとの趣旨の文書が届いた。

私は党大会決定の前衛を取り出し、メール係なる組織を調べたがわが党の機構としては言葉を含めて書かれていなかった。それで私は志位委員長に代わって返事をするなら組織図にもないメール係ではなく書記局などの責任が明確な組織が回答すべきである。これでは志位氏の私の文書の回答とは認められないと書くと同時に「わが党が入った政権では自衛隊は合憲とする」という政権は、「自衛隊は合憲であるとする政党との政権ですか」と言う意見を送った。すると「そうです」という返事が来たので、私は再度志位氏ら幹部に、貴方に代わってと読めるメールが届いたが確かめようがない。責任ある組織名で返事をすべきだし、自衛隊は合憲とする政党と政権を担うのだの答えが来たが、本当ですか、これを広く社会に明らかにしてもいいですかと質問したが、返事はなかった。

そして参議院選挙本番では志位委員長をはじめとする党幹部の誰一人として、合憲論どころか活用論も述べず平和外交論一本やりになった。だから私は拙著「志位委員長への手紙」で志位委員長らに政権論の枠内で、自衛隊合憲論など思い付きで語ってほしくないと記したのである。
 
 共産党中央は松竹氏が党内で意見を上げてこなかったと言うと同様に、鈴木は志位委員長への意見にたいして、返事をしているのに「返事が来なかったと嘘をついていると」言うかもしれない。要するにまともに安全保障論についての議論をするのではなく、手続きや経過をゆがめて攻撃する手法である。なお私は、参議院選挙が終わった直後の7月12日、常任幹部会声明で「ご意見をお寄せください」にたいして長大な意見書を送ったが返事は無かったし、その前の議院選挙結果についても意見をあげているが返事は無かった。 

そりゃそうだろう。共産党ってそんなトコだもん。
それにしても、元たんも気を遣ってるなぁ・・・たぶんいっせい地方選が終わるまでこの調子なんだろうなぁ。 
志位和夫委員長への手紙
鈴木元
かもがわ出版
2023-01-20

 

Cアノンには軍拡が平和をもたらすって理解できない



話し合いで解決をなんて綺麗事を言って、実際は松竹たんとも話しあえないだろと早速突っ込みが入っているわけだが、だったら公式に台湾侵略を行うと言ってはばからない習近平を相手に話しあいして外交で解決してくださいなw

で現実的なところとしては、この本じゃないが、ここ10年〜15年をしのげばなんとかなるって感じはする。
デンジャー・ゾーン 迫る中国との衝突
マイケル・ベックリー
飛鳥新社
2023-02-06

 
なんでかというとすでに中国も少子高齢化に入っているわけで、一人っ子政策もあって進行は速いと考えられている。 今や世界一の人口を擁する国はインドであって2040〜60年くらいまで諸説あるが人口は増えると予測されている。

アメリカ相手にケンカを仕掛けられる体力があるのは、この10年だけなのだ。だからこの時期をしのげば戦争は避けられると思ってる人はたぶんぼくちんだけじゃないだろう。

とはいえ死ぬまでに台湾を自国にしたい習近平の説得は基本無理だろう。なので戦争やったら負けるのではないかと言う懸念をずっと持たせとかないといけないわけだ。負けたら最低の国家主席として歴史に名を刻むからね。ために軍拡をやるわけだ。

今の軍拡の目的は習近平に戦争を決断させないことにある・・・そんなことCアノンに言ってもわからないだろうなぁ。
プロフィール
キンピーをネットアイドルにする怪
正式名称「キンピーを応援する会」サイト構築運営部による息抜きBlogです。
「キンピーを応援する会」サイトは、2005年7/17日にオープンいたしました。
しかし、息抜きというわりには、おかたいこと書いているな……
蛇足……当運営部には、共産党員はいないので、党中央は党員にぬれぎぬを着せることなきようお願い申し上げます。
連絡先

busayodic@gmail.com

当blogは共産党関係なら何書いても原則削除しませんが、一つだけ、マルチハンドルはご遠慮下さい。毎回違うハンドルネームを使うのは禁止にしております。今後気がつけば、警告した後、改善が見られない場合は書き込みを禁止します。




スパムに頻出するキーワードを使用すると、コメントがはねられることがあります。スパムメールによく使われるキーワードを使っていないのにコメントが拒否される場合は、上記メールアドレスにお問い合わせ下さい<(_ _)>

当blogは赤旗日刊紙購読だけでも年4万以上の経費がかかっております。少しは助けてやろうかと思うおめでたい方は、下記のリンクからアマゾンや楽天などに飛び、お買い物をしていただけると幸いです。
下記リンクから飛んで行くなら、何を買っていただいても当方に手数料が入ります。

少なくない常連さんから「ブログ運営費用と赤字を寄付してやるから、送金先を書け」とのご要望がありましたので、寄付口座を開設しました。



こちら

をクリックしていただくと、クレジットカードで寄付ができます。

支払いに必要な受取人情報
ちょコム登録メールアドレス busayodic@gmail.com

送金口座番号 312786815

振込先氏名 busayo_dic
おすすめリンク









激安?ギフトショップあい はこちら












Recent Comments
Archives
ケータイで見る時にお使い下さい
QRコード
  • ライブドアブログ