日本共産党・民青同盟悪魔の辞典+

日本共産党や民青同盟、またやりよった……ぼやきのブログ

南あわじ市議、蛭子智彦氏の出した質問状

facebookに投稿されているものを全文掲載。
除名される気満々と言ったら怒られるかも知れないが、これがたたかう共産党員の模範だろうと思う。
党存亡の危機においてもなお異論を排除するのは共産党の伝統だから、おそらく除名されることになると思うが、その方がこの方には良いかも知れない。こんな気概のある人に共産党は似合わない。

先程LINEで淡路地区委員会に質問状を出しました。以下紹介します。
2023年 3月 17日
 日本共産党淡路地区委員会 御中
           氏名  蛭子 智彦
 
 質問状
 貴地区委員会は、私に対して、政治的SNS投稿を理由に、除名等の規律違反の処分を行おうとしています。つきましては、次のことを質問します。本書面到達後一週間以内に書面郵送にてご回答ください
 
1 対象事実
 処分の対象となる政治的SNS投稿の日付と該当文章を、具体的に適示して下さい。
 
2 規約解釈
⑴日本共産党規約によれば、除名の根拠条文は、次の通りです。
 第四十八条 党員が規約とその精神に反し、党と国民の利益をいちじるしくそこなうときは規律違反として処分される。
 第四十九条 規律違反の処分は、事実にもとづいて慎重におこなわなくてはならない。
 処分は、警告、権利(部分または全面)停止、機関からの罷免、除名にわける。
 権利停止の期間は、一年をこえてはならない。機関からの罷免は、権利停止をともなうことができる。
第五十四条 除名は、党の最高の処分であり、もっとも慎重におこなわなくてはならない。党員の除名を決定し、または承認する場合には、関係資料を
公平に調査し、本人の訴えをききとらなくてはならない。
 
⑵上記条文によれば、除名等の規律違反の処分ができる要件は、次のゝ擇哭△任△蝓⊇名の場合はい加わります。 
 崚洌が規約とその精神に反し」
◆崚泙塙駝韻陵益をいちじるしくそこなうとき」
除名処分にあたっては「もっとも慎重におこなわなくてはならない。」
ぁ峇愀源駑舛鮓平に調査し、本人の訴えをききとらなくてはならない。」
⑶貴地区委員会は、私がSNSで民主集中制を批判する投稿をしたことが分派行為であるとして、除名等の規律違反処分をしようとしています。
 
ア(ア)しかし第48条「党員が規約とその精神に反し」とは、規約の存在自体を認めないことを指し、規約の一部改定を求めることはそれに該当しません。当然、綱領、規約に異論を持つことは何ら党員の資格に関わることではありません
 
(イ)また第三条(四)「党内に派閥・分派はつくらない。」の分派とは、組織的に反主流派的活動を行うことを指すところ、私は単独でSNSで政治的投稿をしただけであり、複数名での結社的行動はしていません。よって分派行動はしていません。自分の考えを一人でも多くの党員に知らせることは党の中での言論の自由のあり方として認められなければなりません。
 
(ウ)さらには、日本共産党の綱領には次の記述があります。
〔憲法と民主主義の分野で〕
   1 現行憲法の前文をふくむ全条項をまもり、とくに平和的民主的諸条項の完全実施をめざす。
   2 国会を名実ともに最高機関とする議会制民主主義の体制、反対党を含む複数政党制、選挙で多数を得た政党または政党連合が政権を担当する政権交代制は、当然堅持する。

上記綱領からは、共産党は言論の自由の遵守と、議会制民主主義の堅持を宣言しているところ、民主主義を否定する中国憲法が第3条で民主集中制を規定して国是としているように、民主集中制は日本国憲法の言論の自由と議会制民主主義、そして上記綱領と相反することが否定できません。
 
 私が民主集中制の矛盾点をSNSで投稿したことは、上記綱領の精神に基づくものです。
 
(エ)よって、民主集中制を批判する等の政治的SNS投稿は、第48条「党員が規約とその精神に反し」に該当しません。
 
イ 仮に政治的SNS投稿が、第48条「党員が規約とその精神に反し」に該当したとしても、それに加えて「党と国民の利益をいちじるしくそこなうとき」の要件を満たさなければ、規律違反の処分はできません。
 
 「党と国民の利益をいちじるしくそこなうとき」とは、党員の行動により共産党の社会的評価が著しく低下したり、国民に多大な不安が広がることを指すのであり、単なる個人の政治的SNS投稿により「党と国民の利益をいちじるしくそこなうとき」が満たされることは、ほぼ不可能です。むしろ、党内の議論を可視化する事は党のこれまでの負のイメージを変える事になり、党の評価を引き上げる事になっても引き下げる事にはなりません。
 
ウ さらには除名する場合は、第54条により、極めて慎重な客観的審査が求められます。そしてその調査と判断が規約に照らして正当であるどうか、検証を受けるためにあらゆる記録を残さねばなりません。そのためには会議録を作成し、一字一句正確に再現できるよう残し、必要に応じて党員の権利を守る措置を講じなければなりません。処分をする側の最低限の義務といえます。
 
⑷ 以上の条文解釈からは、規約に照らして政治的SNS投稿の対象事実だけで、除名等の規律違反の処分をすることはできません。そうした処分を行う事は党員の権利を擁護しているとも言えず不当で無効な処分となります。
 
⑸ 上記の規約の条文解釈を参照に、貴地区委員会が除名等の規律違反の処分を主張するゝ約の条文解釈と、対象事実の条文のあてはめを、詳細に提示して下さい。仮に上級指導機関が不当な処分を行った場合、逆に処分される事を銘記されたく存じます。

本日の鈴木元氏記者会見で配られた文書

タイトル 記者会見にあたって
全文掲載する。読み易く開業処理。鈴木氏のメールアドレスと FAX番号、携帯場号も載っているのだが、メールアドレスのみ掲載にする(いたずら防止のため)

3月17日、記者会見にあたって 鈴木元 (国際ジャーナリスト)
 3月16日夜、外出先での夕食中、私の携帯電話に京都府委員会から電話があり「鈴木さんの除名処分が決まりましたので文書を自宅に届けます」との連絡が入った。帰宅して郵便受けを見ると、日本共産党京都府員会常任委員会の名において「鈴木元氏の除名処分について」という文書が届いていた(別紙資料)。
 
  除名の理由は主として私の本を巡っての問題である。つまり私の本が「事実無根の党攻撃を書き連ねています」と言う主張と、出版を巡って松竹伸幸氏と「党攻撃の分派活動の一翼をになった」というものである。
 
 昨年末から今年の2月にかけて共産党にかかわって4冊の本が出版された。いずれも反共でも財界をスポーンサーとした共産党を陥れる類の本ではない。反動化する日本の政治状況下、共産党がこれ以上後退しないように、その改革を願った物である。その著者の一人である私・鈴木元を松竹伸幸氏に続いて除名処分したのである。私は強く抗議するとともに、その撤回を求める。

またこの除名処分は一斉地方選挙を前に国民から強い批判を受け、選挙で共産党は新たな後退の危険を自らもたらすことになるだろう。志位和夫幹部会委員長をはじめとする党指導部は、このような判断を行った責任が問われなくてはならない。
 
 私は高校3年生の18歳の時に入党した党歴60年の古参党員であり、拙著「志位和夫委員長への手紙」(かもがわ出版)で書いているように様々な闘いを行なってきた。その経験から共産党の新生のための具体的提案を行った。しかしそれに対する 答えは乱暴で拙速な除名処分である。到底許されないので急遽東京で記者会見をおこなうことにした。
 
 私は、志位委員長や小池書記長が、調査も処分もされていない党員である私にたいして、公開された記者会見において「鈴木なにがしの処分は検討中」などと党内問題を乱暴に党外で語るなど明らかに規約違反の言動を行ってきた。

しかし私は、3月9日の規律違反の調査のための会議の出席、続く3月15日の処分を決定するとの常任委員会に出席し、処分は間違いであるとの反論を行った(別紙資料)ことについて一切明らかにしてがなかった。誰が規約違反し、誰が規約を守ってきたかは、この経過でも明らかである。
 
 そして昨日16日、志位氏の記者会見(鈴木の処分は検討中と発言)の後に府委員会名で除名処分決定の文書が届けられた。処分は決定した組織の一級上級が承認して確定する。松竹氏の場合、南地区が決定し京都府委員会が承認し、中央へ報告した。しかし私の場合は京都府委員会(実際は常任委員会)が決定し、一級上級の中央委員会が承認しなけれはならない。つまり中央委員会が直接に責任を問われる問題なのである。
 
 ところが私の除名処分文書(資料 17日付「赤旗」の四面の左下に掲載)では「京都府委員会常任委員会は3月15日、鈴木元氏の除名処分を決定し、16日中央委員会が承認し確定しました」と書かれてある。つまりこの場合、中央委員会とは何を指しているのかということである。まさか中央委員会総会を開催して承認したわけではないだろう。通常は良くないが常任幹部会が代行している。ところがここでは常任幹部会と言う名前はない。

常任幹部会は月曜日に定期的に開催されている。そこで私は20日の月曜日に常任幹部会が承認決定し、21日の「赤旗」で発表するのだろうと予測していた。しかし「16日に承認確定した」と書いてある。臨時の常任幹部会が開催された気配はない。

 それでは中央委員会とは何を指しているのであろうか。中央委員会は明らかにする責任がある。私の周りでは規律委員会ではないかという人がいた。たしかに規約第26条に中央委員会は規律委員会を任命する。規律委員会は、次のことをする。(一)党員の規律違反について調査し、審査する。(二)除名その他の処分についての各級機関の決定に対する党員の訴えを審査する。と書かれている。

もしも規律委員会が私の除名処分を承認したのであれば、そう明記すればいいが書かれていない。また志位和夫幹部会委員長や小池晃書記局等は度々「鈴木なにがしの処分は検討されている」と発言してきたが、今回の除名処分について一切の言及がない。自分たちは係わっていない、規律委員会が決めたことだと言うのだろうか。
 
 いずれにしても私は、9日の私への調査も、15日の除名処分決定のための府委員会常任委員会に出席し反論したことも党内問題と考え明らかにして来なかった。しかし除名処分が「赤旗」で発表されたのだから、私の反論を含めて社会的に明らかにするため記者会見を開くことにした。よろしくお願いいたします。以上。

鈴木元のプロフィールと連絡先
1944年8月8日生まれ。立命館大学一部(昼間部)経済学部卒業。在学中日本共産党立命館大学一部学生党委員会委員長として学園紛争を闘う(「もう一つの大学紛争」(かもがわ出版)として出版)。大学卒業後、共産党の専従職員として京都北地区ならびに京都府委員会の常任委員を務める。その中で現在共産党の国対委員長の穀田恵二が京都市会議員から衆議院議員になるときの本部長も行う。

その後、家庭の事情で専従を辞め、かもがわ出版編集長代理、立命館大学総長理事長室室長、大阪初芝学園副理事長などを務める。1997年以来、中国・モンゴル・ベトナムなどアジア各国で国際協力事業に従事。現在JICAからの委託事業としてベトナム戦争中に米軍が撒いたダイオキシン入りの枯葉剤被害二世三世障害青年が農業を通じて社会参加・自立を促すプログラムを実施中。

日本ペンクラブ会員・日本ジャーナリスト会議会員として著作活動にも取り組む。最近の作品として「異文化理解・協力の旅」(文理閣)「コロナ後の世界」(かもがわ出版)「ポスト資本主義はマルクスを乗り越えて」(かもがわ出版)の文明論三部作がある。
 
連絡先。Eメール shagime@mtf.biglobe.ne.jp
 

鈴木除名、赤旗本紙ネット記事では出さないw



京都府委員会の「お知らせ」には鈴木除名の声明が載っているが、本日赤旗日刊紙のネットページには載っていない。すでにこれだけ大騒ぎになっているのに無視するつもりか?

あるいは今日、京都府委員会から報告を受けたと言うことで明日掲載するつもりか?
まぁ、いずれにしても選挙の現場は大変だわ。 

鈴木除名、現状報道と双方の文書


共産党が、志位和夫委員長の即時辞任を要求する著書を出版した党京都府委員会所属の鈴木元氏(78)を除名したことが分かった。複数の関係者が16日、明らかにした。党首公選制の導入を主張し、2月に除名された元党職員の松竹伸幸氏と同時期に書籍を刊行したことを、党側が「分派活動」と認定したとみられる。

党の見解
2023年3月16日 日本共産党京都府委員会常任委員会

京都府委員会常任委員会は、2023年3月15日、鈴木氏の除名処分を決定し、3月16日中央委員会がこれを承認し確定しました。鈴木氏は京都府委員会直属で、支部に所属していない党員であることから、府常任委員会での決定となったものです。除名処分の理由は以下のとおりです。

(1)鈴木氏は、1月に出版した本の中で、規約にもとづいて民主的に運営している党の姿をゆがめ、「およそ近代政党とは言い難い『個人独裁的』党運営」などと事実無根の攻撃を書き連ねています。党幹部の人格を否定する老害という記述など、誹謗・中傷をおこなっています。さらに、鈴木氏は、本の中で、日米安保条約の廃棄、自衛隊の段階的縮小という党綱領にもとづく党の安保・自衛隊政策を否定し、党綱領の共産主義・社会主義を否定するなど、わが党の綱領路線に対する全面的な攻撃を、党の外からおこなっています。

(2)鈴木氏は、先に除名された松竹伸幸氏から、事実をゆがめて党を攻撃する松竹氏の本と「同じ時期に出た方が話題になりますよ」と執筆を急ぐよう働きかけられたのをうけて、「12月末までに大急ぎ仕上げた」ことを、わが党のききとりのなかで認めています。 これは党攻撃のための分派活動の一翼をになったものと言わなければなりません。また本のなかで、「党運営において多様な政治グループを認める」よう主張し、党内に派閥をつくることを求めています。

(3)こうした鈴木氏の一連の発言や行動は、党規約の「党内に派閥・分派をつくらない」(第3条4項)、「党の統一と団結に努力し、党に敵対する行為はおこなわない」(第5条2項)、「党の決定に反する意見を、勝手に発表することはしない」(第5条5項)という規定を踏みにじる重大な規律違反です。
京都府委員会は、鈴木氏に対して、以上の事実をあげて重大な規律違反であることを明らかにし、ききとりをおこないましたが、鈴木氏は、その誤りを認めず、反省の態度を示しませんでした。
以上の理由から、鈴木氏を除名処分とするものです。 

鈴木氏の見解
共産党、今日3月16日、私・鈴木元を除名した。
除名の理由は主として私の本を巡っての問題である。つまり私の本が「党攻撃を書き連ねている」と言う主張と、出版を巡って私と松竹氏とが分派を構成していたというものである。
 
昨年から今年の1月にかけて共産党にかかわって4冊の本が出版された。どれも反共でも財界をスポーンサーとした共産党を陥れる類の本ではない。反動化する日本の政治状況下、共産党がこれ以上後退しないように、その改革方向を差し示そうとする本である。

その著者の一人である私・鈴木元を除名処分して葬ろうとすることは許されない。このフェイスブック見ている方々の応援と共産党中央委員会へ除名撤回を求める抗議をお願いしたいです。またこの暴挙は一斉地方選挙で国民の大きな批判を受け共産党の後退を生む危険がある。

なぜ今頃、私の除名処分など行なって党の危機を生むようなことをするのだろうか。志位委員長ら共産党指導部の責任が問われる。
 
処分は決定した組織の一級上級が承認して確定する。つまり私の場合は府委員会(実際は常任委員会)が決定し、一級上級の中央委員会(実際は常任幹部会)が承認しなけれはならない。つまり中央委員会が責任を問われる問題なのである。
 
私は明日17日、急遽東京へ出かけ午後3時から抗議の記者会見を行うことにしている。明日朝から場所を抑えマスコミに連絡することにしている。ところで今回の除名処分、不可解なことがある。松竹氏の除名処分は京都南地区常任委員会が決定し、京都府委員会常任委員会が承認した。
 
ところが私の除名処分文書では「京都府委員会常任委員会は3月15日、鈴木元氏の除名処分を決定し、16日中央委員会が承認し確定しました」と書かれてある。つまりこの場合、中央委員会とは何を指しているのかということである。

まさか中央委員会総会を開催して承認したわけではないだろう。通常は良くないが常任幹部会が代行している。ところがここでは常任幹部会と言う名前はない。通常、常任幹部会は月曜日に開催されている。それで私は20日の月曜日に承認決定し、21日の「赤旗」で発表するのだろうと予測していた。

ところが今日16日に決定したとしている。しかし臨時の常任幹部会が開催された気配はない。それでは中央委員会とは誰を指しているのであろうか。中央委員会は明らかにする責任がある。私の周りでは規律委員会ではないかという人がいた。

28回党大会決定の機構図を開いて見た。しかしそこには規律委員会という言葉がない。もしもそのような機構図にもない組織が中央を代表して承認・決定をするのかということが問われる。そして志位委員長など指導部はそこに参加したり関与したのであろうか。明確にする必要がある。私は15日の京都府委員会常任委員会に出席し、共産党の言い分を批判した。明日の記者会見でそれを明らかにし、このフェイスブックでも暫時公表していくことにする
 

ついに来た!松竹伸幸連座で鈴木元除名!


共産党が、志位和夫委員長の辞任を要求する著書を出版した党京都府委員会所属の党員を除名した。複数の関係者が16日、明らかにした。2月に除名された元党職員と同時期に書籍を刊行したことを、「分派活動」と認定したとみられる

本日、除名通知書が鈴木氏自宅に来た模様。情報収集中ゆえ、追記を刻々入れて行きます!(刻々終わり17日0035)

詳細は明日の赤旗に載ると思われるが、京都府委員会が除名、中央が追認の形になるとみられる。


それにしても、除名するとしてもいっせい地方選の後だと考えられてきたわけだが、最悪のタイミングである選挙直前に持ってきたのは驚いた。中でも京都は、京都市議会・京都府議会議員選挙の告示日が3月31日、投票日4月9日である。2週間で選挙突入である。

現在京都市議会18人、京都府議会12人共産党議員がいるが、まずはこれがどのくらい減るのかが焦点になる。立候補は現在市議会20人、府議会20人。

鈴木氏の除名にカチンと来た党員や支持者は選挙運動はおろか投票もしなくなるおそれがあり、議席減は避けられないだろう。

そんな誰もが百も承知の事情を無視して鈴木除名を決行したのは、それだけ党にも危機感がある裏返しなのだろう。選挙の敗北よりも、民主集中制の危機の方が、共産党にとっては大事なのだ。

明日(17日)の鈴木氏の対応は、上京し記者会見を行うとのこと。すでに26のメディアが出席の要望をしている。

除名決定は、少なくとも15日以前になされていることもわかった。鈴木元氏が党に送った質問状の返答期限を15日に指定していたからで、除名通知を15日に発送して今日(16日)に着いたというわけ。
 
 で、穀田が15日のインタビューで、やたらニヤニヤしていて鈴木除名について知らないと言ってたのは大嘘だと判明!ホントこいつ最低の人間だな。府議候補あかたちかこのこと書いていいのかw?実際はどうか知らんが噂になってるぞwww

 と書いたところで、情報も入っているが力尽きたので寝る。2、3日寝かせるかも・・・。

のんちゃん、こっそり活動もバレバレ

ごちゃんねる(旧にちゃんねる)共産板に“【松竹伸幸氏】言論弾圧の共産党【除名処分】”というスレが立ってる。共産界隈のホットピックだからスレができるのは当然なのだが、伝説の田村智子(タムーリン)、吉良よし子(キラーリン)応援団長のんちゃんが、こっそり書き込んでいる。

のんちゃんを知る者がリンク先見たら、書き込んだのはのんちゃんだと明白にわかるだろうwww

当blog常連に散々おもちゃにされたのに懲りて沈黙を守っていたが、この書き込みは復活の兆候かも知れない。エンターティナーとして再び楽しませていただきたいものである。 

大里よう子草加市議、気に入らない元同志を匹と呼ぶ



いやね、たぶんだけどね、いっせい地方選で当選を争う自民党ほかの候補者たちも、共産党候補のことを匹と呼んだりはしないと思うのね。

まぁ左翼セクト全般にも言えることだが、明白な敵よりもついこの間だった仲間だった者たちが袂を分かった時に外道なことをするね。典型例が中核vs革マルの内ゲバだ。主敵である自民党議員や警察官を襲ったりはしないが、かつての仲間にはゲバ棒を叩き下ろして命(タマ)を取る。今は中核も革マルも死人は出てないと思うが、20世紀中には何十人(ひょっとして何百人?)はタマ取られてたはずだ。

共産党にもこの血が流れているってことだよな・・・てか、この程度のオツムだから自分が何やらかしたのか、なぜ斉藤雄二たんらが反旗を翻したのかも分かってないだろwww



 

離党しているのに痴漢同様の処分をされた元共産党員




大野たかし氏のnote
赤旗配達中に大けがをして体調不良になったことから、地区常任と地区委員を降りたものの党員は続けようとした大野たん、それでも党に見切りをつけて離党したら、

 しかし、退職後に起きた小池パワハラ事件・千葉県書記長除名事件における県委員会の対応・松竹伸幸氏除名事件、さらにはその間に発せられた共産党中央の見解を読む事により、だんだんと考えが変わっていきました。
 そして、2月9日に行われた志位委員長の談話を翌日の新聞で読み、それを読んだあとに、離党届をメールしたのです。
 その結果、「現職の地区委員が離党」という事態になりました。その扱いについて、県委員会どころか、中央委員会まで関わってきて、冒頭に書いたメールのような「処分」が決まったとのことでした。

という分けわからん理由で罷免された。離党しているのに地区委員の籍が残っていたと言うのは党の人事上のミスであって彼の責任ではない。で、

何の効果も意味もない処分を、離党した筆者に行った理由は何でしょうか。
 処分の理由は、noteに「2月9日志位発言の問題点など」を発表した事です。読んだ中央や県の幹部は、さぞや惨めな思いをしたと思います。
 そこで、彼らが持っている権力をふりかざして、筆者を「処分」したくなったのでしょう。
 その理由として挙げたのが「意見の違いを理由に外部に離党表明すること」でした。
 党規約第十七条「党の全国方針に反する意見を、勝手に発表することをしない」を使わなかったのが興味深いところです。
 まあ、これを使ってしまうと、筆者の書いた文章のどこが問題なのかを論じなければならなくなります。
 しかし、筆者による志位氏の発言や赤旗政治部長の文書への指摘を覆せる反論を書く能力は、中央委員会や千葉県委員会にはありません。
 だからこそ、「離党表明を公表したこと」を使ったのだと推測しています。 

見抜かれてるやんwww
ま、それにしても大野たんは幸いであった。地区委員長や周囲の党員は今も彼を支持している。昔のように誰もが村八分になる悲哀を被ることはなかったようだから。 

 

共産党新人の本音



注目株の吉田あやかたんだが、これは本音だろうね。学校でたての女の子には、確かにきつかろう。

ぼくちん立候補こそしたことはないが、選対は何度かやっている。すでにリタイヤして10年以上は経っているが、戻りたいとは思わない(笑)

とはいえ、立候補者は裏方よりももっとたいへんなわけで、気持ちはよくわかる。


もっともそれだけ大変でも、選挙には独特の面白さもあるし、それだけにやってる人間はブウブウ文句言いながらも楽しんでるものだが・・・もし若い読者が読んでたら、どこの選挙でも良いから選対やってみることをすすめる。しんどいけど、面白いよ。

 

堤町議、党内問題を外部に持ち出すのに処分無し



長与町の共産党議員が党内問題を外部に持ち出したw
これは松竹タン同様の規約違反であるからには、即刻除名処分が下されるであろう(笑)
下されないなら、規約の恣意的運用のそしりを免れえない。この方が除名処分にならないのであれば、それは規約が事実上有名無実であって、気に入らん奴を党外にほうり出す理由として使われるだけの存在でしかないと言うことだ。

 
プロフィール
キンピーをネットアイドルにする怪
正式名称「キンピーを応援する会」サイト構築運営部による息抜きBlogです。
「キンピーを応援する会」サイトは、2005年7/17日にオープンいたしました。
しかし、息抜きというわりには、おかたいこと書いているな……
蛇足……当運営部には、共産党員はいないので、党中央は党員にぬれぎぬを着せることなきようお願い申し上げます。
連絡先

busayodic@gmail.com

当blogは共産党関係なら何書いても原則削除しませんが、一つだけ、マルチハンドルはご遠慮下さい。毎回違うハンドルネームを使うのは禁止にしております。今後気がつけば、警告した後、改善が見られない場合は書き込みを禁止します。




スパムに頻出するキーワードを使用すると、コメントがはねられることがあります。スパムメールによく使われるキーワードを使っていないのにコメントが拒否される場合は、上記メールアドレスにお問い合わせ下さい<(_ _)>

当blogは赤旗日刊紙購読だけでも年4万以上の経費がかかっております。少しは助けてやろうかと思うおめでたい方は、下記のリンクからアマゾンや楽天などに飛び、お買い物をしていただけると幸いです。
下記リンクから飛んで行くなら、何を買っていただいても当方に手数料が入ります。

少なくない常連さんから「ブログ運営費用と赤字を寄付してやるから、送金先を書け」とのご要望がありましたので、寄付口座を開設しました。



こちら

をクリックしていただくと、クレジットカードで寄付ができます。

支払いに必要な受取人情報
ちょコム登録メールアドレス busayodic@gmail.com

送金口座番号 312786815

振込先氏名 busayo_dic
おすすめリンク









激安?ギフトショップあい はこちら












Recent Comments
Archives
ケータイで見る時にお使い下さい
QRコード
  • ライブドアブログ