日本共産党・民青同盟悪魔の辞典+

日本共産党や民青同盟、またやりよった……ぼやきのブログ

4月18日 河上肇筆禍事件

 1928年4月18日、京都帝大教授の河上肇が辞職を迫られ、依頼免官となる。

▽『資本論入門』第二分冊への序言
 第一分冊を公にして間もなく、私は大学から退くことになつた。『私はむしろ喜んでこの機會を捉へ』、今後しばらくはこの『入門』をもつて大学の講座に代へようと思ふ。
 第二分冊は『資本論』の本文冒頭数行のためにその全部をさゝげた。私は読者が私の此の如き多辯を咎めざらんことを望む。『入門』は奥に進むに従つて益々簡単にする豫定であるから。
 昭和三年五月五日   河 上  肇
http://www.ksky.ne.jp/%7Ehatsu/hajime/

続きを読む

アドバイザー

1.助言者
2.民青同盟にとっては、活動を統制される上部機関、日本共産党のことを指す。
一般に助言とは、相手の主体性を尊重し、意見は述べるが意思決定は相手に委ねる。日本共産党にとっての助言とは、命令と同義である。そのせいか民青同盟は、助言を受けることを「導きを受ける」という。まるで日本共産党を教祖と思っているかのようである。

4月17日 キリング・フィールド

 1975年4月17日、カンボジア共産党(ポル・ポト派)が率いる民族統一戦線がプノンペンを制圧。カンボジアゼロ年。

 政府軍は降伏しロン・ノル政権が倒れる。国名は民主カンプチアと改名した。プノンペンの市民は平和の到来に歓喜の声をあげ、パレードが自然に起こった。しかし最初の犠牲になったのは、このプノンペンの市民たちであった。

 プノンペンから強制移住させられた人びとは、堤防や森林を開墾する強制労働のなかで、体力のない老人や子供・病人からことごとく倒れていった。ポル・ポト政権は3年9ヵ月の間に150万とも200万人ともいわれる民衆を虐殺する。

 ポル・ポトの蛮行は、良心的な左翼が眉をひそめて語るように、「社会主義とは関係ない犯罪的な集団の狂気」だろうか。しかし、ヴェトナム反戦闘争の昂揚のなかで、インドシナ革命を称賛して、「第三世界人民の闘い」に合流しようとした過去を、もう忘れてしまったらしい。今もなお、革命や社会主義を肯定的に語ろうとするのならば、このポル・ポト問題は避けて通るわけにはいかないだろう。続きを読む

ナンセンス

左翼の集会で使われる掛け声。否定的なニュアンスがある。
1.発言者が、政敵の主張を引用する時に使われる場合は、政敵の主張を「意味がない」「間違っている」などの意味で使われる。
2.発言者本人に投げかける場合は、「引っ込め、このバカ!」の意味で使われる。
どちらの場合も、素直に言えばいいのにわざわざカタカナ語を使いたがるのは、学生運動華やかりし頃の残滓である。同時に、当時から左翼が進歩や変化をしていないことを象徴しているとも言える。

4月16日 レーニンの封印列車

 1917年4月16日、レーニンの封印列車がペトログラードに到着。

 3月15日、亡命生活のなかの何の変哲もない一日だった。昼食をすませたレーニンは日課の図書館へ行く支度が終わり、ナージャ(クループスカヤ)が皿洗いをすませたときだった。同志の一人ブロンスキーが駆け込んできた。「貴方は何も知らないのか?!」。レーニンが予想もしなかったところで、ついにロシアに熱望していた革命が到来したのだ。

 3月8日の繊維工場の女性労働者の行動をきっかけに、ペトログラード(ペテルブルグを戦争中に改称。ソ連時代のレニングラード)に工場ストライキが広がる。この労働者の戦いは、兵士の反乱をよびおこし、首都の権力は労働者・兵士たちのソヴィエトが奪い取る。ここに1613年以来ロシアを支配していたロマノフ王朝は崩壊したのである。
続きを読む

ヨーシ!……異議なーし!

共産党、民青同盟含む左翼の集会と、株主総会で、タイミングを計って叫ばれる掛け声。議事に対して、聴衆全体が賛成していることを演出するために、あらかじめ叫ぶ者が決まっていることが多い。
株主総会での叫び屋は、経営側の意を酌んだ総会屋がやるのが普通で、一般株主から見ると奇異でうっとおしいものだ。続きを読む

4月15日 サルトルが亡くなる。

 1980年4月14日、サルトルが亡くなる。

 きょうは、サルトル歿後25年である。どこかで追悼特集をや
ったりシンポジウムがしているのだろうか。

 歿後20年には、サルトル研究会のシンポジウムもあったらし
い。しかしサルトルが話題になったとは聞かない。思い出せば
歿後10年のころでさえも、すでにサルトルは過去の思想家にな
っていた。

 しかし、世の人々が忘れてしまっても、ここではしっかりと
記録にとどめておこう。仕事もあるので、今日は出来る限り簡
単に。

 サルトルの小説や戯曲、哲学書が最もよく読まれたのは、1960
年代の左翼学生運動全盛期だっただろう。その当時、サルトル
が左翼学生に関心を集めたのは、 乱暴にいえば、「疎外とは
何か」と「政治参加としてのアンガージュマンの理論」の2点
に尽きたように思われる。続きを読む

ブサヨ

1.「不細工な左翼」から来た左翼への罵倒語
2.独りよがりの破綻した論理を振りかざし、感情的な罵倒句をくり返し連呼することが、頭の良い者の行為だと思い込んでいるかのような書き込みをするネットワーカーのこと。
3.横綱級のブサヨは、議論に負けそうになると別ハンドルを複数作って、さも自分を支持する人が多いかのように偽装する。続きを読む

4月14日

 1865年4月14日、アメリカ大統領リンカーン(1861–1865)、狙撃される。翌日死亡。

 リンカーンは、フォード劇場で「われらがアメリカのいとこ Our American Cousin」(イギリス貴族遺産相続にアメリカ人の甥がからむ喜劇)を観劇中に、南部出身の俳優ジョン・ウィルクス・ブースに後頭部を撃たれた。ブースは"Sic semper tyrannis!"(ラテン語「専制者は常にこのように」。ヴァージニア州のモットー"Thus always to tyrants,")と叫んだという。リンカーンは翌15日午前7時21分に死亡が宣告された。歴代大統領で、初めて暗殺された大統領である。

 リンカーンはイリノイ州の州議会議員・弁護士時代から奴隷制の拡張に反対してきた。そのリンカーンが1860年に大統領就任したことで、アメリカ合衆国は真っ二つに分裂することになる。続きを読む

レッテル

1.商品名を識別する札

2.日本共産党や民主青年同盟のみならず、ブサヨクが気にいらねぇ奴につける、罵倒を込めた代名詞全般
主なものに日和見主義者、トロツキスト、敗北主義者、分裂主義者などがある。こうしたレッテルを貼られるのは、左翼社会にどっぷり浸かっている人には不名誉ととられることが多いが、ブサヨを知る人には、ブサヨに堕さなかった左翼として一目置かれる。
プロフィール
キンピーをネットアイドルにする怪
正式名称「キンピーを応援する会」サイト構築運営部による息抜きBlogです。
「キンピーを応援する会」サイトは、2005年7/17日にオープンいたしました。
しかし、息抜きというわりには、おかたいこと書いているな……
蛇足……当運営部には、共産党員はいないので、党中央は党員にぬれぎぬを着せることなきようお願い申し上げます。
連絡先

busayodic@gmail.com

当blogは共産党関係なら何書いても原則削除しませんが、一つだけ、マルチハンドルはご遠慮下さい。毎回違うハンドルネームを使うのは禁止にしております。今後気がつけば、警告した後、改善が見られない場合は書き込みを禁止します。




スパムに頻出するキーワードを使用すると、コメントがはねられることがあります。スパムメールによく使われるキーワードを使っていないのにコメントが拒否される場合は、上記メールアドレスにお問い合わせ下さい<(_ _)>

当blogは赤旗日刊紙購読だけでも年4万以上の経費がかかっております。少しは助けてやろうかと思うおめでたい方は、下記のリンクからアマゾンや楽天などに飛び、お買い物をしていただけると幸いです。
下記リンクから飛んで行くなら、何を買っていただいても当方に手数料が入ります。

少なくない常連さんから「ブログ運営費用と赤字を寄付してやるから、送金先を書け」とのご要望がありましたので、寄付口座を開設しました。



こちら

をクリックしていただくと、クレジットカードで寄付ができます。

支払いに必要な受取人情報
ちょコム登録メールアドレス busayodic@gmail.com

送金口座番号 312786815

振込先氏名 busayo_dic
おすすめリンク









激安?ギフトショップあい はこちら












Recent Comments
Archives
ケータイで見る時にお使い下さい
QRコード
  • ライブドアブログ