噂にはなっていたが、とうとう表面化した、安倍たんのウルトラC、衆参同時選挙作戦。今回の参議院選挙は、どうあがいても苦しいため、国民投票法案を逆手にとる同作戦を安倍総理が選択する確率はかなり高い。

それでうまくいったとしても、参議院で過半数には届かないと考える人も多いが、当ブログの関心は、もしこの作戦が発動された場合、日本共産党の議席はどうなるのかだ。

もともと日本共産党は、参議院選挙に向けて、今年は正月休み返上の体制で取り組んでいた。そこに衆議院選挙が加わるとなると、相当な無理がかかると予想される。何よりも十中八九没収される供託金の募金が付いてこれなくなって、ますます財政悪化を招くであろう。

それでも議席が大幅に増えるのであればやりがいもあろうが、都知事選の状況を見ていたら……ぼくちんは既に都知事選への興味を失いましたわ