読者の皆さんもよくご存知のように、今国会で日本共産党は教育基本法と防衛省法案に力を入れてきた……はずなのだが、教育基本法関連と比べて、防衛省法案は、えらく反対の意気込みが弱い。

きょうの赤旗も、教育基本法関連の記事で埋め尽くされているが、防衛省関連は緒方議員の発言の紹介のみ。ここ最近は、ほとんどこのパターンである。

教育基本法は民主も反対しているので勝てると考えたが、防衛省法案はどうあがいても成立阻止はできないと諦めていたのだろうか?の参議院選には緒方氏は出ないので、彼にまかせておけという捨て鉢の雰囲気を感じるのは気のせいだろうかw?