日本共産党・民青同盟悪魔の辞典+ キンピー問題笑える査問録音公開中

日本共産党や民青同盟、またやりよった……ぼやきのブログ キンピー問題サイトアドレスはこちら

不破哲三

不破哲三の党財政私的流用が政治資金報告書に載っているようです。

宮地健一氏のサイトで、MF生氏とおっしゃる方が長期間共産党の財政データを収集整理しておられるのが公開されている。

党勢が減少の一途であるのは以前から分かり切っていることだが、取得不動産にこんな項目がある。

神奈川県津久井町青根
字駒入原1274
建物、昭和61年取得、162平米、1090万円で取得


住所は不破哲三宅付近。坪単価20万だからそれほど高価な建物でもない。たぶん、リンク先地図の+のあたりにある不破たんの召使い宿舎兼事務所だろう。

このあたりは以前文春の赤い貴族記事ですっぱ抜かれていたのを実証するものだと思うが、党のカネを私的に流用していると言われても言い逃れはできないな。

これを他政党、特に与党が突かないのは、共産党が自分たちを脅かすと思っていないので放置しているからだろう。万が一、放置できなくなるほど共産党が強力になったら、その時突けばいいからね。
不破哲三の身体検査、与党がやっていないはずがない!

党員はいい面の皮だ。共産党が中途半端に弱体化しているから不破たんは私的流用を楽しめて、党員は党の清潔さを信じてがんばる。そしてがんばった結果、党勢が伸びた時に、これでやられるのだ。

共産党が企業献金を受け取っていたことも、おそらくその時に政権与党から突かれる。

共産党の大好きな文句で、相手をけなすのに使われる「洪水よ、我が後に来れ」がある。この文句まさしく、不破哲三こそ投げられるにふさわしい。

武富士元会長・武井宅と、日本共産党・不破宅を比較してみる

宮本岳志先生が、かつて追い込んだとされる岳富士、いや武富士でしたね、武富士元会長宅の詐欺事件をネタにこの邸宅のスペックを書いておられまつ。

武富士














富士見ヶ丘、敷地面積1500坪、延べ床面積600坪、地下ににプール。

そうそう、これ、不破哲三邸と比較してみましょう。
不破邸

















津久井町青根、敷地面積1000坪、延べ床面積不明、使用人宿舎兼事務所、図書館と郷土玩具コレクション館あり

写真の大きさは違いますが、縮尺は同じでつ。不破邸の延べ床面積は不明ですが、武富士会長宅は二回建てで600坪だそうですから、その半分300坪くらいでしょうか?

津久井と杉並の地価が相当に違いますから、金のかかり具合は当然武富士会長宅の方が何倍も大きいでしょう。

宮本岳志先生のように、当選したらBMWを買うような日本共産党員としては、武井さまには及びもせぬが、せめてなりたや不破さまにってとこですかwww

不破哲三の津久井別荘はすごいなぁ・・・

津久井の赤い貴族でおなじみの不破哲三たんの別荘は、航空写真でも識別できる大規模なものですた。

リンク先の地図を「航空」にして一番下のルーラーを右いっぱいにもってきて拡大すると、赤い十字のあるところが3階建ての事務所・召使い・料理人などの宿舎。その左のグレー屋根二練は不破専用図書館と客間としても使われる郷土玩具コレクション館。茶色屋根が本宅でつね。

地図を上にスクロールさせたら見える青根小学校(赤い屋根)やその下の駐車場の大きさと比較すると大きさがわかる。

本宅から事務所連まで直線距離で80メートルくらい。敷地面接は一千坪と言われるが、確かにそれくらいはありそうだ。

どう見ても、年収2、3千万程度では維持できない規模だなぁ・・・

不破・中曽根対談、お互いもう退場したらw?

サンデー毎日の記事、不破・中曽根対談のニュース

内容は、上記しんぶん赤旗記事を読むならあえて雑誌まで読まなくていい程度のものだが、一つだけ

「資本論」に幕末の日本についての記述が出ていることに関して、不破タン、オールコックの日本旅行記「大君の都」を読んでいたからだと解釈したらしいのだが、これに関して

「この推定で間違ってないと思っていたら、面識のない経済学者が著書の中で支持してくれました

よほどうれしかったんですね。これまで面識のある人しか認めてくれなかったのが伺えますw。生きているうちに、著書から一つでも引用されると天にも昇る気持ちになるのでしょうね。

それはともかく、記事読んでの感想は、2人とも、もう表舞台には出ない方がいいね。マルクスも読んだという中曽根タンにしても、麻生太郎が読んでいるゴルゴ13を読んで小馬鹿にしたそうだが、不破哲三には何も言えないあたり大勲位瓩両旅罎泣くよんw

不破捏造の面目躍如

週刊東洋経済に、不破タンのインタビュー

とっても気になる一点。

マルクスについては誤解が多い。有名なのは、たとえばマルクスは革命は暴力革命といっているというもの。これはレーニンの整理であり、マルクスは普通選挙権に注目して、それを通じて革命ができるといった最初の革命家だった。

だからこそ、「マルクスを、マルクス自身の歴史の中で読む」ことをお勧めしたい。


共産党宣言は何なのよ?

共産主義者は、自分の見解や意図をかくすことを恥とする。共産主義者は、彼らの目的は、既存の全社会組織を暴力的に転覆することによってのみ達成できることを、公然と宣言する。支配階級をして共産主義革命のまえに戦慄せしめよ! プロレタリアはこの革命によって鉄鎖のほかにうしなうなにものもない。彼らの得るものは全世界である。
万国のプロレタリア団結せよ!


思想の転換が行われたならそこを明記するのが「マルクス自身の歴史の中で読む」ことだろう。こんなだから不破捏造と呼ばれるのだ。



続きを読む

不破哲三の新書大ヒットで楽しみなこと

マルクスは生きている (平凡社新書 461)マルクスは生きている (平凡社新書 461)
著者:不破 哲三
販売元:平凡社
発売日:2009-05-16
クチコミを見る

不破タンの「マルクスは生きている」相当なヒットになっている模様。さっき調べたら

紀伊国屋新書4位
八重洲ブックセンター新書9位
ジュンク堂新書6位
アマゾン668位
文教堂 50位以下の圏外

という感じ。三年前と比べて大手書店がランキングを出さないことが増えたため完全な比較はできないが、三年前に出ていた筆坂秀世の「日本共産党」と比較しても遜色はないようだ。ということは20万部は堅そう。

さて、今年の不破タンの党への寄付額が楽しみだ。



それで、いましめ合うの?

北朝鮮の核実験に対し、日本共産党が激しく抗議すると志位委員長が談話

それはいいが、抗議文書は北朝鮮に送るのかな?不破タンを北朝鮮に乗り込ませるのかな?オバマ大統領には親書を送りましたよね。

いましめ合うんでしょ?
現状の打開に力をつくす用意があるんでしょ?


ま、それをしてしまうと、リンク先のレセプション会場近くでビラまいたという萩原遼氏の除籍処分が不当だとばれてしまうのだけどw

不破哲三、平凡社新書から「マルクスは生きている」発売予定

マルクスは生きている
著者:不破 哲三
販売元:平凡社
発売日:2009-05-16
クチコミを見る

末端専従は食うや食わずの生活の中、津久井で料理人や運転手を抱える生活をされている不破哲三タンが平凡社新書より「マルクスは生きている」を出されるようでつ。

発売は五月二十日前後となる予定ですが、自分で書き下ろしたのか、いつもやってる講演のテープ起こしを党員にさせて、そのまま本にしているのかは不明でつw

これで宮本たけしを始め、多くの党員が絶賛の嵐をblpgに書き込むことでしょう...ネタ作りに貢献してくれて感謝いたしますw



不破哲三の優雅なくらしは、倫理的節度は超えていない?

昨日の赤旗

麻生総理の高級飲食店通いについて、志位タン曰く

「国民がこんなに暮らしで苦しんでいるときに内閣総理大臣がとるべき行動としては、倫理的節度を超えている」

と指摘したとか。もちろん、日本共産党内で院政を敷く赤い貴族、不破哲三の総額4000万円だったかな?の年収に比して寄付額がやたら少ないのは、党幹部として倫理的節度の範囲内らしく、何も言わない。

下々の専従は「人間らしくくらしたい」と言っても誰も反論できないほど低収入に苦しんでいることも多いのに....ねぇ。


不破タンの自慢話はいつ読めるのだろう?

いやはや……さしてアクセス数が増えるようなニュースがあるわけでもないのに、久しぶりに政治将校氏が書き込んでこられると、アクセスが増える増える。大きなニュースがあった時ほどではないが、25%アクセス数増が続いていますwww

それはともかくこちらの書き込み、不破タンの勘違いについてですが

 勘違いとは、毎日の論説委員を山荘によんで、自分が人気者だと思い込み、夫婦ともども時代劇の話なんぞ垂れ流していることですね。地区はおろか、国会議員団もそれどころじゃないのに、召使付き老人が共産党を代表するような顔してマルクスを語る…「蟹工船」に便乗して、ぜいたく暮らしをひけらかし始めたことが、勘違いそのものです。まあ、かつて身近にいたこともあるから、思いが強いのですが。

共産党バブルで参議院議員に当選したら赤いBMWを買った宮本たけしを思い出しますなwwwちなみに今は、中古で買った日産プレーリーでつ。

にしても、毎日から出るであろう記事が楽しみですね。毎日新聞の読者の方は、掲載されたらお知らせ下さい<(_ _)>






不破タン、苦しい返答w

ベトナム・ホー・チ・ミン国家政治行政学院の代表団と会談したニュース

ベトナム側のグエン・バン・フエン団長(同学院政治学部長)は冒頭、現在ベトナムでは二〇一一年のベトナム共産党大会の準備に関連して、理論研究分野での 国家プロジェクトが組まれており、自分たちは「政権政党のあり方」の研究を担当しており、その一環として今回日本を訪問したと述べ、研究にあたっての問題 意識を説明しました。

不破氏はその問題提起に答え、まず「あなたがたは日本の政権党について、たいへん興味ある研究と観察のできる時期に日本を訪問した」として、福田首相の政権投げ出しの経過や意味を説明しました。

 次に「私たちが国政で政権党になるのは将来の問題だが、地方政治では“政権政党”としてかなりの経験を積んできた」と述べ、東京の狛江市の実例を あげて、一九九六年に共産党員市長を実現し、全国的には自民・公明政治が支配し、市議会でもそれにつらなる野党が多数を占め攻撃を集中する中で、その後の 選挙戦で勝利を重ねた経過を紹介、それを支えた大きな力の一つが、市民と力を合わせて反動派の攻撃を打ち破ってきた“政権”政党・日本共産党の支部の活動 にあったことを説明しました。

グェン・バン・フェン団長は、えぐいこと聞くなぁ……日本共産党首長は数多の市町村の中で数人しかいないし、共産党が地方議会の第一党だといっても隠れ自民・民主の無所属の方が遥かに多いことくらい知っているだろうに。

こんな質問に答えなきゃならない不破哲三タン、哀れ.........

石原慎太郎、共産党トップが絶対に言わないセリフを吐く。

読売新聞より

新銀行東京、「最終責任は私にある」石原知事が初めて謝罪
 新銀行東京(東京都千代田区)に、都が400億円を追加出資する是非を審議している都議会予算特別委員会は25日、各党代表が最後の質疑を行った。

 この中で、石原慎太郎知事は、新銀行が経営難に陥ったことを初めて謝罪するとともに、「都の監視が十分とはいえなかった。その最終責任はトップである私にある」と述べ、経営悪化の責任も初めて認めた。同委員会は26日、追加出資案を採決する。

さすがにこれだけのカネをドブに捨てたら、いくら人気のある都知事だと言ってもこう言わざるを得ないだろう。

多額のカネをドブに捨てというと、日本共産党は国政選挙になると、毎回億単位の供託金を没収されるが、こんなセリフは聞いた事がない。

没収された供託金は国庫に寄付するのと同じだから責任問題にならないのかなw?


不破タンの子分と市場経済、社会主義

実はネタに困って、あんまりいいエントリじゃないなと思いつつ書いた<a href="http://kinpy.livedoor.biz/archives/51243738.html" target="_top">昨日のエントリ。</a>ことのほかマルクス・レーニン主義についてよくご存知の方の関心を惹いたようである。<br><br>なもんで調子に乗って、歴史の講義……マネジメントの基本くらいは踏まえているが、出版モードでは書いていないので多少推定も混じるw……をしてみよう。<br><br>ネタは、<a href="http://www.tabiken.com/history/doc/O/O110C100.HTM" target="_top">レーニンのNEP</a>についてである。<br>最近の日本共産党はNEPを<a href="http//www.jcp.or.jp/akahata/aik/2002-09-04/13_0401.html" target="_top">「市場経済を通じての社会主義」</a>を目指す手段としてとらえ、もはや<font style="color: rgb(153, 0, 0);" size="3">資本主義国となった中国に媚を売っておる</font>わけだが、実際のNEPはそんな寝ぼけた政策ではなかった。実際は革命の後退と言うべきものであった。 続きを読む

不破タンの印税の行方

昨日の赤旗書評欄、不破哲三の「新装版 スターリン主義と大国主義」書評。岡宏輔党幹部会委員が書いている。

ソ連が崩壊したのはスターリンの大国主義にあり、大国主義は社会主義の道を踏み外したことだと、25年前に不破タソが書いた本を新装版にして出したものらしい。
そのスターリンの言うことを嬉々として聞いていた日本共産党の歴史に触れていないのはいつものことだが、それより印税の行方が気になるな。

うみおくれクラブのゆみタンお気に入りの雪斎先生のドゴールのお話を読むべし……

隠居後のド・ゴールの生活を支えたのは、陸軍准将としての年金だけである。ド・ゴールは、首相・大統領を務めた人物として当然に受け取るべき恩給も、辞退 していた,。遺言には、「位階、勲章の類は、内外のものを問わす一切無用」と記されていた。「国葬もやるな」がド・ゴールの意向であった。ド・ゴールに は、著作による印税収入があったけれども、その収入ですら、重度身体障害者として生まれ夭折した次女を記念して創設した財団に寄付していた。

いやね、言われるまでもなく分かっちゃいることだけどね、ドゴールとくらべて不破タソは(以下省略w)

(日本共産党研究)田村智子タン、ピーンチw

昨日アップしたこちらで、またもや政治将校氏から情報が……

2. Posted by 政治将校    2007年01月20日 08:30
 東京が大変なことになっていますな。HIV訴訟で有名な川田龍平さんが参議院地方区出馬を表明し、「あれは共産党潰しで自民党がバックアップして引っ張 りだした」と内部固めをしてまつ。知人の通信社記者によると、「無名で実績の無い共産党の田村候補は、ヘタすれば川田候補に得票数で抜かれる可能性が高 い」との見方があるそう。そこで不破タソが必死になって、世田谷や台東、練馬での共産党を含む他党派との区長選挙共闘を「共産党が埋没する」と称して、コ ワしにかかっている模様。前二者は、ハゲシク拒絶し、練馬でも支部や地区役員がかなり抵抗しているそうですが。
 不破老人支配体制崩壊のもよおしが…(カレは東京を自分のナワバリと考えている)


田村智子タンといえば、立候補予定者になって間もなく東大前で演説していると、見事に聴衆から無視された人でつが、それだけに焦っているんでしようなぁ……。だいたい川田龍平たんといえば、民青がこんなことやっているの見てるから……身から出たサビに苦しめられるとは、日本共産党、バチが当たりましたなwwww

ところで、どうして不破タン、区長選挙共闘を壊しにかかっているんだろうか?ぼくちん、アホだからわかんな〜い???

(日本共産党研究)タレコミ一件・踏み絵の話

ご用納めが済んだせいか、タレコミが少々w

一件は、不破タンの「資本論講座」とか「フォイエルバッハ講座」など、あとで講義録を起こさせて本にして印税を稼ぐシステムについて、あれは、本部職員や議員秘書などの出席をチェックしてその後の人事を決める「踏み絵」だとのこと。

あ〜、だったら疑問が氷解しましたわ。忙しい本部職員がどうして日常の業務に役立たないお話を拝聴しに行くのか……w。この手の勉強会、民間企業でも時折やられることがあるが、自由参加にしたらほとんど来ないのがあたりまえ。

立派な経営手腕で知られる某経営者など、「社外の者が俺のノウハウに興味を持っているが、俺のノウハウが1番役に立ち、1番吸収しやすい立場にいるのはうちの社員だ。なのに社員が1番関心を持たない」と嘆いていたりする……言われなくても、よく知っているから来ないんだってw

ま、それはともかく世にワンマン経営者は数あれど、そういう人って、この手の勉強会に来ない社員が「仕事」を理由にすると弱いんだよね。いくら社長でも文句一つ言えないもの。ましてや、それを踏み絵にしようものなら社員の怒りを買うと遠慮する。そんなことで優秀な社員にやめられちゃかなわない。

不破タンが勉強会を踏み絵にするのは、きっと本部職員や秘書に辞めて欲しいのだろうw

(日本共産党研究)志位タン、市田タン、カワイソス

今検索すると、当ブログは「日本共産党」でくぐると25位にランクされておりますた。もはや議員HPでは小池タソを抜くのも時間の問題かなw?

うちが力を入れて紹介しているので、宮本たけし先生のHPも順位が急上昇。もはや志位和夫たんより上位にランキング……志位タン、カワイソス。

なんてことを書いたのは、志位タン、未だに不破タンに頭が上がらないらしく、こんな投稿があったからでつ。

投稿者曰く、不破タンがいま「フォイエルバッハ講座」を党本部でやっているのですが、勤務時間中にやるもんだから、職員は聞きに行かなきゃならないそうで市田タソが困っているとか。それを聞いた志位タソ「書記局までいかなくとも……」とぼやいているとか。

つーか、志位たん、そろそろ元議長に「知的後退が見られる」とか言って引退を迫らないと……そうしなきゃあと10年は不破タン居座るよ。

市田タンも、事務方の代表として言うべきことは言わないと刺されるよ。市田タンの地位を虎視眈々と狙っている某(名前は書いてくれなかった)が隙あらばと手ぐすね引いて待っているそうだからw


(きょうの赤旗)リレー型式でハンガーストライキ

年を迎えるなか、「JR不採用問題のさらなる長期化は許されない」と、国鉄労働組合北九州地区本部は十六日、JR小倉駅前で四十八時間の座り込みを実施しました。十七日午後二時まで。

 座り込みは、交渉による解決実現へ援助に乗り出す考えを表明した十一月のILO(国際労働機関)勧告の受け入れを政府に求め、政府の責任による全 面解決をはかれととりくみました。リレー形式によるハンガーストライキは、国労組合員・闘争団員二十人前後が常時参加。マイクで訴え、ビラを配布しまし た。

リレー型式のハンガーストライキって、ひょっとして代わる代わる人が変って断食するってこと?もしそうなら、全然意味がないね。

そもそもハンガーストライキってのは、ストライキに入った人間の命と引き換えにした闘争だ。殺す前に折れろ。おれるのが遅すぎて間に合わなくて死んだら、おめーの責任だとして残った連中が何するか分かんないぞという闘争。


続きを読む

(きょうの赤旗)余人をもって代えがたいw

石原慎太郎東京都知事の税金を使ったお遊びに続き、共産党が告発した四男の不自然な重用問題の記事。知事は余人をもって代えがたいなら、どんな人間でも使うと開き直っているのだが……失笑ものですな。

普通、親子の癒着と言われないように、こうした時は実力があっても候補から外すものだが、それをしたくないときの言い訳が「余人をもって代えがたい」だからねぇ。

そう言えば、同じニュアンスの言葉、どこかで聞いたな……共産党で一人だけ特別あつかいされたい人を引退させない言い訳だったなw

(日本共産党研究)不破タンの新著のポイントは50年問題

日本共産党史を語る〈上〉

どこの新聞でもやっている日曜の書評欄。きょうの赤旗には、負話担……失礼、不破タンの新著の記事。「上」とあるように下巻も出るのだが、上巻のポイントは50年問題だそうである。

50年問題とは、1950年のコミンフォルム批判を受けて、党が分裂、五年後の六全協まで日本共産党が武装革命をめざしていたことをいう。このあたりのことは、いずれ竹本竹藏氏がエントリーを立てるだろう。

ま、それはともかく、50年問題とは、日本共産党や民青同盟員がよく言う「戦前から一貫して平和のためにたたかってきた」というウリ文句を根本から否定する歴史上の事実なのだけど、これについて、不破タンがどんな言い訳をしているのかが見どころと言うことw。

もっとも、いつもの徳田・野坂分派のやったことでカンケーないと書いているなら、これまでの言い訳をくり返しているだけで読む価値はないが、いったいどんなことが書いてあるのだろう?

(きょうの赤旗)三宅勝久氏の対武富士闘争雑感

9面。武富士のことを報道したら、高額訴訟によって攻撃されるというたたかいを体験したフリーライター三宅勝久氏のエッセイ。

武富士は報道前に確認しても「事実はない」とだけ言って、報道されると高額訴訟を起こすのだが全面敗訴。三宅氏は逆に損害賠償をかちとるが、240万円では時給なんぼになるねんという話は別の雑誌に書いてあったが、興味深いのは武富士の裁判所での反論の、唖然とする支離滅裂さである

廊下で叱責される社員のことを書いたら、「廊下のある支店などない」支払い義務のない聴覚障害者から取り立てたというと、被害者に「虚言癖がある」改ざん疑惑を言うと「コンピューターで処理しているからあり得ない」など、この記事のサブタイトルを引用したら簡単にばれるウソで裁判を勝つつもりだったようである。

全面勝訴した三宅氏は、武富士を守ろうとした弁護士にいくら支払われたのだろうかと考えて、エッセイを終わる。

その点、日本共産党は、かしこい。不破哲三・赤い貴族も、ラブラブメール・穀田恵二も、今のところ訴訟に持ち込む気はないようだ。

(日本共産党研究)赤い貴族不破関係の党内文書はない

読者の一人から、お便り一通。この方、あちこちの共産党員に週刊文春が報道した「赤い貴族・不破哲三」関係で党中央から何か文書は来ていないかと聞いて回ったらしいw

その結果、どうも「週刊文春の卑劣な党攻撃に対抗しよう」みたいな党内文書はないようだとの報告があった……ご苦労様でした<(_ _)>

しかしまぁ、雑誌記事を全く無視するというのも、党防衛の戦略としてアリには違いないのだが、それで二つほど仮説が成り立つ。一つは、共産党員ってのは、身内の批判には敏感だけど、党外からの批判には案外鷹揚かもしれない。

筆坂秀世がタンが新潮新書「日本共産党」を出した時の党中央が汚らしい批判をしたのは、筆タンが元共産党の幹部だったからで、同じことを書いていても元共産党員ではない場合には、まだ許せると思っているのではないか?

もう一つは、党がPRのプロを使いだしたのではないかという仮説だ。不破哲三は共産党内では重要人物だが、党外ではすでに忘れ去られているので、あえて反論しなくてもいいとPRのプロが言ったのかも知れない。

後者が事実なら、爆笑ものですな。



(きょうの赤旗)ブッシュに学べ日本共産党w

アメリカの中間選挙で共和党が敗北した。背景にイラク情勢を沈静化できないプッシュ政権に対する、アメリカ有権者の不満があると見られるが、しんぶん赤旗は、ブッシュが断罪されたとはしゃいでいる。

しかし、ブッシュは不破哲三ではない。既にラムズフェルドを更迭し、イラク政策を変える準備を進めている。

共和党は日本共産党ではない。国民に支持されるためにブッシュの政策転換を支持し、すすめて行くであろう。

アメリカで共和党、民主党、どちらが勝とうが、日本共産党は反米なままであろう。そして、日本共産党は、自分たちが変わらないことを誇りに思っているであろう……党勢は衰えるけどw


(日本共産党研究)不破&穀田関係・読者の反応

週刊文春赤い貴族と週刊新潮みどりの……じゃなかったラブラブメールは、大変読者の注目度が高いようで昨日アクセス数は最大を記録した。

そしてこれまでなかったことに、読者からのメールも複数あった。このエントリーは、それを紹介……ただし一部セキュリティ対策のため管理人が文体に手を入れています。

まず沖縄発

沖縄では、遠距離なので雑誌の発売日が遅れますが、東京の発売日には穀田議員の記事のコピーが出回ってましたよ。

ははは、こういう情報に限って速く伝わるものですからねぇwww。きっと女性の糸数慶子沖縄県知事候補のトコにも行ったのでしょうなぁ。糸数候補はどう思われたんでしょ?

次に東京発
続きを読む

(きょうの赤旗)不破タンのサイン会なんてないんでしょ?

昨日は大盛況で、あちこちからおもろいメールが何通かやって来ましたが、紹介している時間が今ないのが惜しい。なんとか今日中には……ということでお許しを<(_ _)>

赤旗まつりで不破タンの講演まであと2時間を切っておりまつが、赤旗まつりでは書籍市に合わせて、連日有名人や議員のサイン会が行われるのでつね。

その中に不破タンの名前もあるのだけど、実際のサイン会スケジュールには出てこないので、たぶんサイン本が売られるだけなのでしょう。それにしても松本善明タン、引退しているはずなのに精力的にサイン会に出られますな。そんなに人気あったのか……。

(日本共産党研究)京都の皆さん、こんにちは

この二日は、どこの日本共産党観察サイトでもアクセスが急増していると思われる。当ブログも例外ではないのだが、ちょっと他のサイトとアクセスのされ方が違うようだ。

「赤い貴族不破哲三」と「ラブラブメール穀田恵二」とでは、前者の方が間違いなくニュースバリューが高い。日本共産党の観察記では、当然赤い貴族にアクセスが集中している。ところが、こちらでも赤い貴族が多いのだけど、ラブラブメールも赤い貴族の80%くらいのアクセスはあるのだ。

おそらく、そうなる理由は、昨日投稿いただいた“こーきち”氏のコメントによるものと思われる。なにせ京都からのアクセス比率が、通常の3倍と急増しているからね。この感じでは、京都で“犯人探し”が開始されているのだろう

穀田議員の疑惑は、ラブラブメールではなく他にあるような感じにも見えますな。それが我々が手がかりらしきものは掴んではいるものの、確信が持てずにいる、あれと関連があるのかどうかはまだわからないけどねw



(特設)明日、不破哲三は赤旗まつりで講演するのか?意見募集

昨日の文春報道で、一気に話題騒然となった赤旗まつり。

明日、不破哲三タンの講演、「科学の目講座」“いま世界がおもしろい”が行われる予定だが、不破タンが本当に出てくるのか、それとも急な病気で欠席するのかが、もっか共産趣味者最大の話題となっている。

不破哲三タン、たぶん出てくると思うのだが、読者の皆さんはどう思われるだろう。出る、出ないと理由を一言(なんとなくとか、ヤマカンでみたいな理由でも可)コメントお願いします<(_ _)>

(日本共産党研究)赤い貴族&ラブラブメールに党員は何を書く?

不破哲三「赤い貴族」と穀田恵二「ラブラブメール」で盛り上がる共産趣味界隈でございますが、他にも注目点があります。党員が、この二つについて、ホームページやブログで何を書くか?です。

筆坂秀世氏の著書出版にあたっては、不破哲三、浜野忠夫らのヘタレな批判文に合わせて、筆坂秀世氏を攻撃するエントリーを書く議員や党幹部のブログがそれなりに存在しました。

事実を事実と認めることができない上に、党内世論が全く読めない彼らの筆坂転落問題キャンペーンの結果は、100%の敗北率を記録しました。我々の質問を削除するくらいしか能がなく、その経過は当blogにたくさん保管されています。

とくに、
長野県議団幹事長、藤沢のり子
大阪府政策委員長で自称文芸評論家、宮本たけし
富山で共産党の看板を背負う、坂本ひろし
愛知県東三地区副委員長、斎藤ひろむ
などが注目ですが、今回はここに挙げた人たちは、今回の赤い貴族報道を一切採り上げないと思われます。黙って嵐が過ぎ去るのを待つしかできないからです。

しかし、ご安心下さい。きっと誰かが書いて、我々のエサとなってくれることでしょう。そしてヘタレ党幹部リストはますます充実すると思われます。乞う、ご期待!

(日本共産党研究)今度は文春が「赤い貴族」告発その4

きょう、すなわち二日の不破タンの行動を予測してみよう。

実際のところは、朝になってみないと分からないが、明日の赤旗まつりでの講演は中止しないという前提で予測してみる。

まず考えられることは、マスコミ対策としてふだん出入りしている党本部には近づかないであろう。記者にマイクを向けられたくない。

となると、文春記事にあった「千駄ケ谷寮」か?いやいや、ここは文春に知られている。普通にホテルに雲隠れが穏当であろう。

ではどこのホテルか?赤旗まつりが行われる夢の島公園は江東区にあるから、江東区である可能性は低い。だって、赤旗まつりには全国から党員がやってくるのだ。何かの用事にかこつけて東京に出てきて、赤旗まつりに参加しようと前日から宿泊している党員に出くわすかも知れない。これは、こわいwww


続きを読む

(日本共産党研究)今度は文春が「赤い貴族」告発その3

(日本共産党研究)今度は文春が「赤い貴族」告発その3

その3では、明日の紙面予測をしてみよう。きょうの赤旗には、文春の「赤い貴族」批判も、穀田恵二議員の「ラブラブメール」批判もない。

考えられる赤旗記事のパターンは

1.「赤い貴族」「ラブラブメール」両方に大きく紙面を割く。
2.「赤い貴族」により大きなスペースを割く。
3.「ラブラブメール」により大きなスペースを割く
4.一切無視w

の四つと思われる。

一番有力なのは3だと思う。理由は簡単で、穀田議員の反論と、メールを新潮に提供した早川氏をとことん貶めることに紙面を費やして、できるだけ「赤い貴族」が目立たないようにするわけだ。

2を選択するのはまずいと思われる。なぜなら


続きを読む
プロフィール
キンピーをネットアイドルにする怪
正式名称「キンピーを応援する会」サイト構築運営部による息抜きBlogです。
「キンピーを応援する会」サイトは、2005年7/17日にオープンいたしました。
しかし、息抜きというわりには、おかたいこと書いているな……
蛇足……当運営部には、共産党員はいないので、党中央は党員にぬれぎぬを着せることなきようお願い申し上げます。
連絡先

busayodic@gmail.com

コメントは、ライブドアblogの仕様上、一コメント800字まで(以前は400字でした)。スパムに頻出するキーワードを使用すると、コメントがはねられることがあります。スパムメールによく使われるキーワードを使っていないのにコメントが拒否される場合は、上記メールアドレスにお問い合わせ下さい<(_ _)>

当blogは赤旗日刊紙購読だけでも年4万以上の経費がかかっております。少しは助けてやろうかと思うおめでたい方は、下記のリンクからアマゾンや楽天などに飛び、お買い物をしていただけると幸いです。
下記リンクから飛んで行くなら、何を買っていただいても当方に手数料が入ります。

少なくない常連さんから「ブログ運営費用と赤字を寄付してやるから、送金先を書け」とのご要望がありましたので、寄付口座を開設しました。



こちら

をクリックしていただくと、クレジットカードで寄付ができます。

支払いに必要な受取人情報
ちょコム登録メールアドレス busayodic@gmail.com

送金口座番号 312786815

振込先氏名 busayo_dic
おすすめリンク









激安?ギフトショップあい はこちら












Recent Comments
Archives
ケータイで見る時にお使い下さい
QRコード
  • ライブドアブログ