日本共産党・民青同盟悪魔の辞典+ キンピー問題笑える査問録音公開中

日本共産党や民青同盟、またやりよった……ぼやきのブログ キンピー問題サイトアドレスはこちら

読者投稿・日本共産党について思うこと

弱者の味方はどこ行った(呆

投稿者 キンピー

先日(3/13)に民商お決まりの重税反対統一行動に行ってきました。民商に関わりの無い方はそんな「行動」があることじたいご存知ないと思いますが、重税反対統一行動とは消費税反対や大企業や大金持ちの優遇する税制を改めるため、民商の会員を募って税務署までシュプレヒコールあげながらデモするんですが、まぁみなさん静かなこと。

そんな年中行事の横で何やら演説かましてる二人組みが。どうやらかの有名な?釜ヶ崎住民票削除の問題をアジっているではありませんか。退屈な演説よりそっちの方が面白そうなので、ビラをもらってしばし立ち話を。
聞けば「西成選出の国会議員から市会議員、自民党から共産党までこの問題を取り上げてくれない。」とのこと。


続きを読む

(日本共産党研究)読者の反応2

またまた読者からのメールがやってきたので紹介。

京都発……ただし内容が内容だけに文意を損ねず完全に書き換えますた。

穀田氏の件、早川さんは、京都の赤旗記者もやられた、まじめな方です。穀田氏は、思い上がりが鼻につくところがあって、声は大きくありませんが、一部から批判もあります。

まぁ、週刊新潮の記事では、でぇとに早川氏をドライバーに使ったようなことが書いてありましたねぇ。これが事実なら、そりゃ思い上がっていると言われても仕方がないですなぁ。それにしても思い上がりが目につくって……。穀田さんって、宮本たけし先生とは違うと思っていたのだが、同類だったとは思いませんでしたわん。ひょっとして、女性まわりも一緒だったら笑えますなぁ。

福島発……昨日の方がまた送ってこられたが、今度はこちらも返事をした。原文そのまま
続きを読む

(日本共産党研究)不破&穀田関係・読者の反応

週刊文春赤い貴族と週刊新潮みどりの……じゃなかったラブラブメールは、大変読者の注目度が高いようで昨日アクセス数は最大を記録した。

そしてこれまでなかったことに、読者からのメールも複数あった。このエントリーは、それを紹介……ただし一部セキュリティ対策のため管理人が文体に手を入れています。

まず沖縄発

沖縄では、遠距離なので雑誌の発売日が遅れますが、東京の発売日には穀田議員の記事のコピーが出回ってましたよ。

ははは、こういう情報に限って速く伝わるものですからねぇwww。きっと女性の糸数慶子沖縄県知事候補のトコにも行ったのでしょうなぁ。糸数候補はどう思われたんでしょ?

次に東京発
続きを読む

(日本共産党研究)旭川市長選

たぶん北海道の方ではないかと思える方から投稿があったので掲載。
旭川市長選の報告である。

関西では全く注目されていないようだし、恥ずかしくて赤旗で
も取り上げられなかったと思うので情報提供します。



結果
当65,033西川 将人37無新(民推)
 63,275加藤 礼一53無新(自推、公支)
 17,513安住 太伸36無新
 7,739荻生 和敏56無新
 7,515神崎  実44無新

選挙結果を総括した道新のコメント

荻生氏は共産党支持層の60%強しか得票できず、西川氏に20%
強も流れた。支持母体が無く、独自に戦った神崎氏との差はわ
ずか224票だったことが、組織戦の態をなしていなかったこと
を物語っている。

(日本共産党研究)団塊世代の反共研究

某所から、こんなサイトもあるよと紹介されたので紹介する。
秋月瑛二の「団塊」つぶやき日記。反共・反朝日新聞的な位置づけの日記のようである。

ここ数日ブログのあり方について、当ブログで話題になっているのであえて書くが、秋月瑛二氏の利用しているサービスは、コメント、トラックバックを受け付けない設定にしてあるのではなく、blog風の、ただの日記サイトのサービスである。

最新日記は。2006/10/27にあるが、この部分には笑ってしまった

対談の最後に中西氏が「朝日新聞は戦後日本を支えた大宰相に対してのみ、常に厳しい態度で臨んできた」として、吉田茂、鳩山一郎、岸信介と中曽根康弘を例 示している(「宮澤喜一さんにはまったく違う態度だった」という)。とすると、安倍晋三にも「大宰相」になる資格が十分にある

ぼくちんは、安倍内閣に関して、遅くとも来年参議院選挙までの命であるとする、自民党内でも言われている説に基本的に賛成である。実際


続きを読む

(日本共産党研究)嶋スピリッツの泰輝現る!

当blogの常連、すーちゃんからの情報によると、福岡市委員会の田中みゆきblogに、以前ここで紹介したらblogにパスワードをかけた嶋スピリッツの泰輝タソが出現。以下、すーちゃんの投稿


本ブログで紹介されたことで被害妄想に陥った大阪府生野・天王寺地区委員会所属の嶋泰輝氏が福岡県委員会・田中みゆき氏のブログにコメントを寄せている。

Re:国内候補地決定−福岡敗れる(08/30)    政治活動屋・嶋 泰輝TAIKI 34歳
福岡市への五輪招致に反対する運動をやってきた日本共産党福岡県委員会その他の皆さん、おめでとうございます(^.^)。
私も東京都と福岡市の五輪招致合戦を見ましたが、福岡市は五輪招致をする前に市職員への教育を先にやるべきでしょう。市職員が飲酒運転で3人の幼子の命を奪ったという事故が起きた段階で、福岡市長は今日の五輪立候補都市を決める選挙を待たずに立候補を辞退すべきだったと思います。自治体は五輪をやるために存在するんじゃありません。
もし東京都の知事が慎太郎ではなく日本共産党の知事だったら、福岡市は東京都と五輪招致合戦をやる事も無かったんでしょうけどね。五輪招致賛成派の福岡市民は、日本共産党の人ではなく慎太郎を都知事選挙で当選させた都民を恨みますか?


招致賛成派だった自分は"反対するしか能がない"日本共産党を恨みます。

いや〜泰輝タソは素晴らしいw
続きを読む

(読者投稿)共産党テーマの笑える本、みっけ!

久しぶりに読者から投稿をいただいた。古本屋で発見したそうである。
日本共産党「政権参加」近し!―不破・志位ソフト路線を読み切る」
出版元は世界日報社。言わずと知れた統一協会系である。出版は1998年。
目次と表紙はここにあるが、本のタイトル、大外れ。
笑える本として、将来高値がつくかもしれないw


(罵詈総論)まずはフロントから

昨年は新しいプロ野球チームを作り、今年はTBS株を大量取得と、何かと話題の楽天でありますが、東北楽天イーグルスの次期監督が、野村克也氏に決定しま した。野村さんは、南海、ヤクルトの監督時代に、リーグ優勝5回、日本一に3回輝やきました名監督であります。阪神の監督時代にはあいにく良い成績を残せ ませんでしたが、名将であることには変わりありません。

こんど監督をする楽天は、ほとんどが峠を過ぎた選手か、無名の若手で編成されていますので、今年の成績を言うのも可愛そうな気もするのですが、38勝97 負1分けと、とてつもなく弱いチームであります。もしかすると野村さんは阪神時代に続き、輝かしい野球人生に汚点を残すかも知れませんが、三木谷社長から 強化資金として50億から100億を約束されて、当時の阪神のフロントよりマシだと判断したのでしょう。

続きを読む

(罵詈総論)変革の時

ブログネタ
行政改革 に参加中!
大阪市市長の関さんが辞任することが決まりましたが、本人は改めて市長選挙に立候補するようであります。辞任の理由は自分の関わった融資が、回収の見込みの無いものや、まったく返済されていないものがあったということで、いわゆる「みそぎ」のための選挙であります。

また今まで市長選挙の度に、集票マシーンとなっていた労働組合との決別の意味もあるようで、ある労組幹部は「自分だけ綺麗になろうとするのか」と危機感を 強めております。また行政をチェックするはずの議会の責任も問われていまして、今まで歴代市長を支えてきた共産党以外のオール与党が、次回の選挙では分裂 が必至と見られております。

自分の田畑だけに水を引いて入れるという意味から、物事を自分の都合のいいように運ぶことを我田引水と言いますが、大阪市職員の厚遇ぶりや、乱脈経営とい うものは、まさに我田引水というべきもので、自分の支持者や支持してくれる団体に甘い汁を吸わせ続けてきたわけであります。 続きを読む

(罵詈総論)人権蹂躙

横浜事件の再審初公判が17日、横浜地裁で始まりました。弁護側は冒頭意見陳述で「横浜事件のすべての被告人について、公訴事実は虚偽でありねつ造。被告 人らは無実」と述べ、全被告の無罪を主張しました。一方検察側は、1945年10月の治安維持法廃止と大赦令公布を根拠に有罪・無罪の判断をせず裁判を打 ち切る「免訴」を求めております。

横浜事件とは太平洋戦争下の特高警察による,研究者や編集者に対する言論・思想弾圧事件でありまして、中央公論社や改造社などの出版人約60人を逮捕、4 人が獄死し、拷問による自白によって約30人が有罪判決を受けた事件であります。戦前も裁判所はありましたが、翼賛体制の中、権力側に有利な判決が相次ぎ ました。とくに思想犯に対しては顕著であります。

続きを読む

(罵詈総論)ロボット

もともとチェコの言葉で「ロボタ(苦役)」という言葉が語源でありそうですが、カレル・チャペックの戯曲「ロボット(R.U.R.)」からロボットという言語が世界共通になったそうであります。

チャペックの生きた時代は、ヒトラーの台頭から第二次世界大戦に向かおうとしていた時代でして、ロボットという概念が無かった時代であります。ですから戯 曲の中のロボットも、私たちの知るロボットというよりは、もっと進んだヒューマノイドに近い形でありました。戯曲の中で、人間達はロボットに労働を押し付 け、女性は子どもを産まなくなり、やがて人類は破滅へと向かっていきます。アーノルド・シュワルツネッガーのターミネーターも同じで、あの映画を連想して いただければ、分かりやすいのかも知れません。

私たちの社会は、今まで人間がしてきたことの多くをロボットに頼って生きています。チャペックの戯曲に出てくるロボットより、まだまだ幼稚ではあります が、科学技術というものは確実に進歩しております。このまま行きますと戯曲のような破滅的な結末を迎えるかといえば、私はそうは思いません。なぜなら人間 は人間である限り、歴史を作ることが出来るからであります。このことは学生時代にチャペック論を書いた、元チェコ・ペンクラブ会長のクリ−マ氏も「ロボッ トがどんなに人間に近づいたとしても問題はない」と指摘しております。 続きを読む

(罵詈総論)女性票獲得大作戦

一昔前のプレイボーイと言えば、有名女優を何人も口説き落とした火野正平さんでありますが、彼の魅力は一にもニにも母性本能をくすぐるということでありま す。また政界でいいますと、小泉総理もそうであります。「ぶれない」「言ってることがカッコイイ」というのは男の見方であって、女性から見ると小泉さんは ヤンチャ坊主のように見えて、母性本能をくすぐるようであります。

最近でいいますと、押尾学さんやISSAさんなどが女優に人気のようでありますが、押尾さんは見た目のカッコよさと、普段の言動のギャップが魅力のよう で、つまらないギャグを平気で言い、聞いていてコチラが恥ずかしくなるようなことを平気で言うようであります。ISSAさんの魅力も、浮気をしてはバレ続 けるというところが、女性には可愛く映るようで、これも母性本能をくすぐるタイプのようであります。 続きを読む

(罵詈総論)ぬるま湯

ブログネタ
日本共産党 に参加中!
筆坂問題以降、党幹部批判が続いているようでありますが、中央委員会は一向に改善する様子がありません。

こんなことを続けていれば、後20年と言われる共産党の寿命を縮めるだけなのですが、末端の党員の批判を無視し、ある一定以上の幹部は、ぬるま湯にずっと浸かっていたいという気持ちが強いようであります。

みなさんも本当のぬるま湯に入られたことがあると思いますが、入る時は楽に入れますが、しばらくすると体が慣れて寒くなってきて、あまり気持ちよくありません。しかし風呂から出るとよけいに寒くなりますので、なかなか出ることができません。

共産党幹部がそういう気持ちで、筆坂問題をはじめとする色々な問題に背を向けつづけているとすれば、ほんとうに不幸なことではないでしょうか。

その人たちにとっても共産党にとっても。

罵詈総論でした。

(罵詈総論)かわいい子には旅をさせよ

ブログネタ
最近の話題 に参加中!
昔は今と違い、旅には苦難がつきものだったことから、子どもの将来を考えるなら、甘やかさずに世間に出して苦労をさせたほうが良いということがあります。

英国王室のチャールズ皇太子の長男であるウィリアム王子が、来月上旬から約3週間だけでありますが、イギリス銀行大手のHSBCで勤務し、実務体験を積む ことになりました。ウィリアム王子は慈善活動のための資金調達のノウハウを身につけることを強く望んでおりまして、今後もそれ以外に、不動産の勉強や士官 学校で経験を積む予定のようであります。

英国王室は今後もさらに開かれた王室を目指しているようでありますが、王子が銀行勤めとはこれも時代の変化なのでしょうが、時代にあった後継者を育成することは最も重要なことなのかも知れません。 続きを読む

(罵詈総論)国勢調査

ブログネタ
日本共産党 に参加中!
1日に実施された国勢調査でありますが、どうも調査の進展ぐあいが思わしくないようであります。

そもそも国勢調査とは、各種行政施策の基礎資料を得ることを目的に、大正9年以来、5年ごとに調査を続けてきたものでありますが、昨今のプライバシーの保 護意識の高まりなどから、年々調査が難しくなってきております。実はこういった「調査される側」の立場の意見というのは1980年ごろからありまして、当 時から自分のプライバシーがどのような扱いを受けるのか、きちんと保護されているのかが心配されておりました。

この国勢調査には調べられる側に、もし虚偽や調査に応じないということがあれば、罰則を加えることができることになっていますが、そうなりますと今度は、 調査する側にもきちんと罰則を適用しなければ不公平なわけですから、罰則規定はがありながら、死文化しているのが現状のようであります。

続きを読む

(罵詈総論)対決

今日からプロ野球パシフィックリーグのプレーオフが始まりました。今年初めて導入された交流戦に先駆けて、数年前からファン獲得のためにパリーグが独自に取り組んでいます。

今年は西武ライオンズが勝率5割にも満たないのに、プレーオフに進出するという事がありましたので疑問の声が上がっておりますが、ペナントレースが前期後 期分かれ、前期優勝チームと後期優勝チームが対決するより、プレーオフでの対決の方が「野球が面白くなった」と言う声の方が多いようであります。

まだまだ手直しをしないといけない部分もあるでしょうが、観客動員数をどうやって増やしていくか?という問題に真正面から取り組み、選手・フロントがともに協力しながら、面白い野球をファンに提供するパリーグの姿勢は大いに評価できるのではないでしょうか。

続きを読む

(罵詈総論)笑いのど真ん中

このほど発明家のドクター中松こと中松義郎さんに「イグ・ノーベル賞」の栄養学賞に選ばれました。イグ・ノーベル賞のことはあまり知られておりませんが、人を笑わせる研究で科学への感心を高めたと認めれた者に贈られる賞であります。

中松さんは35年間にわたり自分が食べた全ての食事を撮影し、食べ物が脳や体調に与える影響を分析したものでありますが、馬鹿馬鹿しくて笑えますし、同時にタメになる研究であります。

中松さんはこれまでに、フロッピーディスク、灯油ポンプ(醤油ちゅるちゅる)、セレブレックス等を発明し、IBM社にフロッピー、リジッドディスク、リール等の16の特許をライセンスしている世界唯一の個人であることで知られており、いわば世界の発明王であります。また近年の発明の代表作として知られているのはスーパーピョンピョンと呼ばれるスニーカーにバネのついた運動器具や、男女の性感度を高めるラブジェットなどがありますが、運動不足や少子化に切実な悩みを持つ日本人にとって必需品となっております。 続きを読む

(罵詈総論)知らしむべからず

正確には「依らしむべし、知らしむべからず」でありますが、これは孔子の言葉で、為政者が民衆を統治する心得であります。本来「指導者は、自分の人徳を磨 き、民衆の信用・信頼を得て民衆を導かなければならない。政策や政府の情報を、全て隈なく民衆に教え浸透させるのは、大変難しく不可能に近いからだ」とい う意味でありますが、長い間「民衆から信頼を得られるように努力せよ。そして無学な民衆に政策や政府の持っている情報を教えてはならない」と誤訳されてき ました。今でも誤訳のまま使われることがあるようであります。

今国会でもこの誤訳を体現するような法案が審議されようとしております。与党がまとめた国民投票法案の骨子がそうでありまして、中でもメディアに対する規制が問題視されており、各方面から批判の声が上がっております。 続きを読む

(罵詈総論)鴨がネギを背負ってやってきた

ブログネタ
●受け取った289枚の督促状。 に参加中!
昨日の赤旗やネット上の記事で散見すると、全国の民主商工会では多重債務に陥った業者を救うための「道場」を全国に展開しているようであります。

近年、銀行の貸し渋りや公的金融機関の査定の強化などによって、中小業者に円滑な資金供給がままならない状況が続いているようでありますが、資金供給に困った中小業者がサラ金や商工ローンに手を出し、悲惨な状況に追い込まれているという現実があります。

銀行は中小業者へ直接資金供給せずにサラ金や商工ローンへ融資を行い、そこから迂回する形で中小業者へお金が渡るようにしているようで、今ではサラ金や商 工ローンは銀行の最も優良な得意先となっております。公的金融機関にしても、たとえば信用保証協会法を逸脱した貸し渋りが目立っているようであります。も ちろん借り手の責任ということはありますが、これは構造的な問題であろうと思いますし、民商や各地に展開している道場も、このことを訴え、改善を求めてお ります。 続きを読む

(罵詈総論)タブー

ブログネタ
マスコミ に参加中!
今週の赤旗日曜版に「メディアのタブー」について、元ワイドショープロデューサーの方が商業マスコミを批判する文書を書いております。

戦前の日本のタブーは、「菊」の皇室、「桜」の陸軍、「錨」の海軍などといわれましたが、菊桜錨を批判するようなことを書けば弾圧の対象となりました。戦 後は、「菊」の皇室・天皇制に「桜」の自衛隊、そして「星」の米軍と、「鶴」の創価学会が加わりましたが、報道関係者の中でとりわけ菊と鶴は「危ない」と されています。また政府与党にマイナスになる報道をするとプロデューサーの首を切る・切らないの話に発展すると、元サンプロのプロデューサーも証言してお ります。

続きを読む

(罵詈総論)後の祭

自民公明の圧勝で衆議院に占める与党の割合は三分の二になり、戦後日本に稀に見る巨大与党が議会運営をするという事態になっております。これだけ大きな与 党になってしまいますと、何もかも政府や与党の思い通りになり、国会のチェック機能が働なくなるわけですが、それもこれもマスコミのが流す情報をもとに、 国民が選択したことであります。

しかし最近になって、増税の問題やイラク派兵の延長の問題。そして年金を始めとする福祉の問題。なんといっても憲法の問題について、政府や与党の行き過ぎを危ぶむ声がマスコミからも国民からもあがっております。

しかし最初に申しましたように、この巨大与党は国民の選択でありますから、それを先導したマスコミも国民も今さら文句をいったところで時すでに遅しでありまして、こういうことを後の祭と言います。

それに引換え我が共産党は、選挙中からこのような事態を予測し、「白紙委任状を渡してはならない」と国民に訴えてまいりました。しかし残念ながら共産党に 支持が集まることが無かったわけでありますが、それもこれも党体質に対して不信に思われるような、党員の排除劇を何度も繰り返しているからであります。

後の祭になる前に、是非ともそういった体質を改めてもらいたいものであります。

罵詈総論でした。

(罵詈総論)トヨタ方式

ブログネタ
日本共産党 に参加中!
質素な暮らしが尊いとされたのは遠い昔の話で、高度成長期を経験した私たちの暮らしは、高度消費社会へと一変しました。それもずいぶん前のことになりますが、それを支えてきたのは大量生産の成功でした。

日用雑貨や電化製品、そして車。次々と生産されては消費していきましたが、トヨタ自動車はそんな物作りに革命を起こしました。トヨタ方式と呼ばれる生産方式がそうであります。

トヨタ方式では、まず誰でも出来るように作業の標準を決めることから始まり、さらには無駄を省くため「ジャスト・イン・タイム」を導入します。要するに必要な部品が必要な時、必要なだけ生産ラインに届くという考えかたであります。

続きを読む

(罵詈総論)むだ遣い

小泉総理は所信表明演説の中で郵政民営化を始め、いろいろな改革を口にしましたが、要するに小さな政府を作って無駄遣いを無くしていこうということであります。

しかし本来、無駄使いと政府の大きい小さいは違う話でありまして、政府が大きかろうと小さかろうと、税金が使われているいじょう、無駄があっては困るわけ であります。ですから小泉総理や民主党のいうように、公務員を闇雲に削減したからといって、無駄が無くなるわけではありません。

そもそも「無駄を無くす」と言っても、何に対して無駄なのかがハッキリしませんし、政府や与党の中でも日本をどのような国にしてくのか、将来の国家像に対して何が無駄なのか、といった問題にそれぞれの議員によって言うことがマチマチであります。 続きを読む

(罵詈総論)虚栄心

以前も障害者自立支援法について書きましたが、今度の国会でもこの法案が再提出されるようで、成立するかしないかは微妙な情勢ではあるのですが、成立すれば受益者の負担増ということになります。

この法案について我が共産党は一貫して反対の立場をとっていますが、共産党はそもそも障害者の自立についてどのように考えているのか改めて調べなおしてみました。

しかし、HPや過去の赤旗をいろいろ調べてはみたのですが、「障害者の自立」ということに関しまして、やはり共産党は明確な政策をもっていないようで、今度の障害者自立支援法案にしましても、前回と同じく反対するだけで、自立に対して何の対案も出せておりません。

続きを読む

(罵詈総論)目線

今月24日に、農業経済学者で京都大学名誉教授の飯沼二郎さんが、肺炎のため入院中だった京都市内の病院でお亡くなりになられました。87歳でした。

日本農業の生きる道は小型複合経営だとして、コメ単体規模拡大路線をとる政府の農業政策を厳しく批判したことでも知られますが、市民運動の活動家としての飯沼さんの方がご存知の方が多いかも知れません。

飯沼さんが関わった運動の代表的なものとして、「君が代」斉唱徹底通達は違憲だとして訴訟を起こした、いわゆる「君が代訴訟」の代表を務めましたし、ベト ナム戦争ではアメリカの北爆に抗議し、京都ベ平連の中心的役割を果たしました。また朝鮮文化の再認識と在日の人々の人権を訴え、1969年に雑誌「朝鮮 人」を創刊し、1982年の20号まで担当しました。 続きを読む

(罵詈総論)事大主義

ブログネタ
憲法改正をみてみると。。。 に参加中!
今週、巨大与党に支えられた第三次小泉内閣が発足いたしました。政府がこれだけの力を持つと、思ったことは何でも出来ることになりますが、与党はさっそく憲法改正に必要な国民投票の整備に取りかかりました。

政府をチェックするはずの国会では、衆議院の議長には前回に引き続き、ハト派の河野洋平氏が。副議長には民主党の護憲派の横路氏が就任し、政治的発言を制 約される立場に追いやられることになりました。これは自社連立の時の土井さんを見ているようで、社会党が議論無しに右傾化していったのと同じように、十分 な議論無しに日本全体が急激に右傾化していくのではないかと心配するところであります。 続きを読む

(よい未来)

市長室長の更迭、そして筆頭助役の辞任。不祥事が続く大阪市に対し、「カラ残業問題」などを調べている調査委員会の委員長が、新たな報告書を市に提出しました。

調査委員会は市の互助組合連合会のヤミ年金や退職金、違法に支出された公金など、約190億円を返還するように求めてきましたが、大阪市議会で市の幹部から「返還の請求は不可能」とし、返還を事実上拒否した発言をうけて、あらためて問題点を提議することになりました。

一連の不祥事が発覚してからというもの、市長をはじめとする市の幹部が、反省やお詫びを続けているのですが、返還の努力をする前から「返還できない」という今回の態度では、市民の理解を得られるはずもありません。 続きを読む

〈罵詈総論〉唯我独尊

ブログネタ
日本共産党 に参加中!

この世の中に自分より尊いものは無いということで、転じて自分だけが偉いと自惚れることを唯我独尊といいます。同じような言葉では独善主義という言葉もございます。

昨日発売の週間新潮を読まれた方はご存知だと思いますが、今年の7月に共産党を離党された筆坂さんが、手記の最後に「唯我独尊」という言葉を使って、共産党の現状を憂いておられました。

共産党の尊大で陰湿な体質は、以前から多くの方が指摘していましたが、筆坂さんも自分がその被害者になってみて、共産党の無謬性というものが崩れ、初めて共産党という組織を冷静に観ることができるようになったようであります。 続きを読む

〈罵詈総論〉言葉の重み

今月19日、二人の巨星がこの世を去りました。一人は「よい品をどんどん安く」をモットーに流通業界に革命をおこしたダイエーの創業者、中内功さんです。 もう一人は田中角栄の懐刀、中曽根康弘の知恵袋として知られ、鋭い洞察力と歯に衣着せぬ発言から「カミソリ」といわれた、後藤田正晴さんであります。

中内さんは1957年に大阪・千林商店街に「主婦の店ダイエー薬局」を出展し、それ以後店舗数を増やし拡大し続け、創業15年でダイエーを小売業として日 本一に育て上げました。一方、後藤田さんは官僚から政界へ進出し、当選回数が少ないのにも関わらず、歴代内閣の要職につくなど、その手腕は高く評価されて おりました。また警察庁長官時代には、多くの左翼テロの対応を指揮したことから、左翼の人たちにはあまり良い印象をもたれておりません。

続きを読む

〈罵詈総論〉神様ありがとう

昔々の話でありますが、スターリンという人がソ連を統治してたころ、赤の広場でメーデーのバレードがありました。集まった民衆は偉大な指導者であるスターリンを称えるプラカードを掲げていました。

その中で一人の老婆だけが「神様ありがとう」というプラカードを持っていたそうであります。
それを見た青年が、老婆にこう言います。青年「ばあさん、それは「神様ありがとう」じゃなくて『同志スターリンありがとう』って書かなきゃだめだよ。」
老婆「では同志スターリンがこの世を去ってしまったら、それからはなんて書けばいいんだい?」
青年「その時は『神様ありがとう』って書けばいいんだよ。」
続きを読む
プロフィール
キンピーをネットアイドルにする怪
正式名称「キンピーを応援する会」サイト構築運営部による息抜きBlogです。
「キンピーを応援する会」サイトは、2005年7/17日にオープンいたしました。
しかし、息抜きというわりには、おかたいこと書いているな……
蛇足……当運営部には、共産党員はいないので、党中央は党員にぬれぎぬを着せることなきようお願い申し上げます。
連絡先

busayodic@gmail.com

コメントは、ライブドアblogの仕様上、一コメント800字まで(以前は400字でした)。スパムに頻出するキーワードを使用すると、コメントがはねられることがあります。スパムメールによく使われるキーワードを使っていないのにコメントが拒否される場合は、上記メールアドレスにお問い合わせ下さい<(_ _)>

当blogは赤旗日刊紙購読だけでも年4万以上の経費がかかっております。少しは助けてやろうかと思うおめでたい方は、下記のリンクからアマゾンや楽天などに飛び、お買い物をしていただけると幸いです。
下記リンクから飛んで行くなら、何を買っていただいても当方に手数料が入ります。

少なくない常連さんから「ブログ運営費用と赤字を寄付してやるから、送金先を書け」とのご要望がありましたので、寄付口座を開設しました。



こちら

をクリックしていただくと、クレジットカードで寄付ができます。

支払いに必要な受取人情報
ちょコム登録メールアドレス busayodic@gmail.com

送金口座番号 312786815

振込先氏名 busayo_dic
おすすめリンク









激安?ギフトショップあい はこちら












Recent Comments
Archives
ケータイで見る時にお使い下さい
QRコード
  • ライブドアブログ