本共産党の田村智子政策委員長は11日、国会内で記者会見し、菅義偉官房長官がテレビ番組で消費税率の将来的な引き上げに触れながら、その後、発言の軌道修正を始めていることについて問われ、「新型コロナウイルス禍で、生活困窮と、暮らし・雇用の不安が日を追って拡大するなか、消費税10%のさらなる引き上げが必要だと言及すること自体が異常だ」と指摘しました。