正しいことを正しいといえる。世の中の常識と組織の常識を一致させる。ひたむきで誠実に働いた者がきちんと評価される。そういう信念をもって、たたかえ▼そんなことを会社の上司から面と向かっていわれたら、あなたはどうしますか? 現実には通用しない、青臭い理想論―。心の中でそうつぶやく人もいるのでは。しかしいま、正論を堂々と訴える人物が世間の喝采を浴びています▼7年ぶりに帰ってきたドラマ「半沢直樹」です。 

左翼界の半沢直樹は、少なくとも日本共産党内にはいませんね。