日本共産党の所沢市議、荒川ひろしたんがセクハラで辞職願を提出、3日に受理された。
当選10回のベテランだが、以前から酒癖が悪く、市役所や議会事務局に苦情がいくつか入っており、ヒアリングの結果本人も認めた模様。党の処分はこれから中央委員会が行う見込み。 

追記
所沢市議会の発表
荒川 広議員から令和2年8月7日をもって辞職したい旨の辞職願が8月3日付けで提出され、地方自治法第126条ただし書きの規定に基づき、近藤哲男議長が8月3日付けで辞職を許可しましたのでお知らせします。