国民民主党の津村啓介議員と大学講師の岩田温氏の共産党は普通の政党か、否かの論争。

津村氏は岩田氏の共産党観を時代遅れと断じて、岩田氏が反論と言うパターン。もっとも岩田氏は詳しくはこれ読んでくれではある。



当blog的には岩田氏の言う通り普通ではない政党ではあるのだが、もはや高齢化によって力を失いつつある。じゃ普通の政党なのかというと違うよねという感じだ。

国民民主としては消滅寸前なので是が非でも共産党かの票が欲しいのが透けて見えるわけで、その発言を鵜呑みには出来ない。また野党第二党ポジションにいる共産党としては国民民主と協力しても損しかない。それでも共産党は野党共闘の枠組み維持のために協力はするのだろうが・・・実りは少ないだろうなぁ。