恒例今年の10大ニュース

1.赤旗日刊紙、日曜版合計で100万部割れ
やっぱりトップはこれでしょう。赤旗が売れなければ党財政は破綻必至・・・来年の党大会で日刊紙休刊とかなってもおかしくない。やらんだろうけど。

2.参議院選、ちょい負け
思ってたより善戦。次はこうは行かないだろう。

3.共産党、再び東大自治会掌握に動く
今年一番カチンと来たニュース。東大教養学部自治会を取りに来る可能性はなきにしもあらずだったが、日共民青を隠してFREEとかいうフロント団体を作ってやるなんざ、恥でしょう。日共民青は東大から叩き出された恥ずかしい組織だとみずからも認めているとも言えるがwww

4.宮本岳志先生、大阪12区出馬、供託金没収!
今年一番驚愕したニュース(笑)なによりこれによって宮本岳志がリベラルのヒーローとなり、みんなが誉めそやすのがもう面白くて面白くてwww。しかも近年まれに見る惨敗で終わった。いや〜面白かったw

5.新潟県委員会元副委員長が妻を殺す
今年2番目に驚いたニュース。天下の公党のNo2が連れ合いを殺すなどあり得ない。


 
6.6中総
普通は中央委員会総会なんか大ニュースに入れないのだけど、今回の6中総は、拡大しようにも、もう中央委員会はどうしていいのかわからない、お手上げ状態なのを自ら認めた中央委員会総会であった。

7.共産党の広告が上手になる
数少ない共産党関係の朗報。大阪12区の選挙あたのーれから明らかに宣伝が上手になった。見るからにプロの仕事っぽいと思っていたら、案の定プロが入っていたというwww

8.地方議員団の党機関離れが一部で発生
共産党地方議員が党に反旗を翻すことはこれまでにもあった。しかし今年の福島県いわき市、埼玉県草加市など、議員団が丸ごと党の意向に反対するなど、少なくとも私はこれまで聞いたことがない。これは党が内部から腐ってきていることを示すのだろうか? それとも改善の兆しか?

9.愛媛県議選で、候補者翌日離党宣言!
これも驚いたね〜。てか、立候補前になんとかならなかったのかと・・・
 
10.菊池桃子結婚に逆ギレ(笑)
赤旗が、甘利たんが「局長と女優の結婚確率情報開示」などと誰が見ても明らかな冗談を飛ばしたのを赤旗紙上で批判!アホだろwww

ま全体としてみると、こうあとは転げ落ちるだけと言う感じ。
当blogもそろそろ社会的役割を終えたかな・・・・いえ既知の共産党被害者のサポートは続けますけども。

あ。そうそう、これが明日発売です。