ロシアの立場としては、こういうしかないが、それなりに効いているようである。