共産党の財政を支える機関紙「しんぶん赤旗」の読者数減少に歯止めがかからない。8月29日付紙面で、読者数がピーク時の3割程度となる100万を割ったことを報告し「『しんぶん赤旗』と党の財政を守るために」と危機感を訴えた。党費を支払う党員も減ってきており、3年後に結党100年を迎える老舗政党の足元を揺るがしつつある。 

ということで、1週間前の赤旗の発表を今ごろ報道である。
共産党より共産党のことが詳しく載っている産経新聞だからまだこうして載せてくれるが、それでも埋め草扱い。朝日や読売などでは今のところ相手にされていない模様だ。

ま、新聞社としては他紙のこととは言え、あまり採り上げたくないのかも知れないね。明日は我が身だから。