自宅で妻を殴るなどして死亡させたとして、新潟県警東署は27日、傷害致死の疑いで新潟市、無職丸山久明容疑者(80)を逮捕した。「頬をはたいた」と暴行については認めているが、死亡の直接の原因ではないとして一部否認している。

 共産党新潟県委員会によると、丸山容疑者は以前、同委員会の副委員長を務めていた。衆参両院選、市長選などに立候補したが、いずれも落選している。

 逮捕容疑は、17日午後4時半〜21日午前0時半ごろ、自宅で妻の喬子さん(81)の顔や太ももなどに暴行を加え、筋挫滅による急性腎不全で死亡させた疑い。 (共同)

80歳にもなって妻を殺すって何なのさ・・・ 
追記、ハスカップたんの書き込みから多少調べたら、かつて共産党教員として“大活躍”されていたようで・・・共産党のマインドコントロールの克服は大変だったみたいです。
丸山久明先生の思い出
 誠実に歩み続けて七十余年 ―わが共産党人生に悔いなし―

KM生たんのコメントもアップ
>丸山久明
1)たすかテリー伊藤氏の「お笑い革命日本共産党」に、衆院旧中選挙区時代「田中角栄の地元新潟3区に泡沫候補として立候補」と紹介されてたのを記憶すています。
2)貴方の示された引用先を見れば、「安定した教員身分を捨てて党専従になる」ことに対して、妻と対立すていたのがよく理解できます。奥様とすては、「専従になってもうだつの上らない万年泡沫候補者」で終ったことは面白くなかったでせうね。
3)「専従家庭はDVや離婚とは無縁」などといふのは、党員シンパの幻想。実際は「妻が経済的に夫を支えて、そのくせ夫は一生うだつが上らない」→「家庭不和」→「DVや熟年離婚」というケースが少なくないです。子供も「お前の父ちゃんいつも落選」と学校で苛められ、(民青に入るのは稀で)反共の立場に立つのが多いようです。結論的に言えば、丸山氏の今回の犯行も「多年の家庭不和と高齢による認知症傾向(=短気で短絡的になる)」の結果でせう。合掌。
専従も幸せにできない党が、どうして国民を幸せにできるんだよう??