奥野倫子日野市議のfacebook
通りすがり氏から教えてもらったが 、要するに共産党は臨時に雇用された元副市長の河内氏なる人物が問題になっているが、それを共産党は臨時雇用の市職員全員の問題と曲解して、ハンターイとやっているようだ。これに奥野議員が

彼らにとっては、初めから「反対のための反対」ですから、苦しい論理展開にならざるを得ないわけですが、このやり方は、流石に酷すぎます。
彼は私を離党に追いやった時も、こんな風に嘘の上塗りをして、我が身を守ろうとしました。
なので、「本丸は問わないから、せめて、嘘に嘘を重ねたことだけでも自己批判して欲しい」と伝えたのですが、
地区指導部が自己批判をして求心力を失うようなことだけは、党のためにも絶対にしないのだそうです。
党のため?自分のためでしょ?

いつものように学習しない連中が日野市議団のようである。

にしても、奥野さんって、ぼくちんが想像していた以上に大物議員と言うか、周囲の人望がある方だったんだなと・・・共産党は惜しい人材を放出し、敵にしてしまった・・・