産経新聞
千葉県の各部局で定期購読している共産党の機関紙「しんぶん赤旗」の購読数が47都道府県で最も多い119部あることが17日、明らかになった。県議会決算審査特別委員会で中村実県議(自民)の質問に県側が答えた。県の担当者は「業務上必要な情報収集のため」と説明するが、他の政党も含め機関紙の定期購読を行っていない県もあり、公費購読の是非について説明が求められそうだ。

 中村県議によると、県と県教委の各課、出納局、議会事務局図書課の77の局や課で購読状況を調べたところ、全77の局や課で「しんぶん赤旗」、または別建ての日曜版「しんぶん赤旗」の購読があった。購読開始の経緯は69の局や課が「不明」、8の課が「依頼はなかった」と回答。何らかの勧誘はなかったとしている。

 中村県議は「結果的に県民の税金で特定の政党を支援している」と指摘。千葉県の次に購読が多い和歌山県でも73部、兵庫県は68部にとどまるとして、是正を求めている

 一番多いのは東京都だろうと思ってたのだけど、一位千葉、二位和歌山、三位兵庫とは、意外な結果でだとオモタ。党の議員の力の差でこうなっているのだろうかと思ったりもするが、 機関紙の定期購読を行っていないところがあるからと言って「必要ない」とは言えないわね。その点、この記事は突っ込みが甘い。

中村とか言う県議の言い分も甘い。赤旗を取ることで県民の税金が特定政党を支援していると言うなら、どこでも置いてある全国紙や地方紙も同じく支援していると言う理屈になる。てか、自民党の機関紙「自由民主」を県庁で普及できない自分の無能を宣伝してどうするねんとw

赤旗が、地方自治体に相当浸透しているのは事実だ。しかし情報収集として取ってる場合も多い。実際切れ者の自民党議員だって赤旗を取る。

だから戦い方としては共産党議員がバッジの威光をかさに着て、とりたくもない新聞を取らせてるという方面からしか攻めることはできない。そんなこともわからん奴が自民党県議で是正を求めるなど片腹痛い。というかね、千葉の共産党員がアホだから自民党もこんなにアホになる。

自民党の劣化の責任は、共産党にもあるのだ。おまえら劣化し過ぎw