もはや終わった野党共闘についてまだ執着しているお二人ですが、昔はともかく今の野党に共産党嫌いが出るのは、あまりに 共産党の組織力が強いからだろうね。たから主導権を取られる恐怖感があるんだろう。

動員をかけると共産党は来てくれるし、一生懸命活動もしてくれる。でも野党からすりゃメインは自分で共産党は補助というか支持者の一部であってほしい。しかし自分たちの支持者がろくに集まらないもんだから共産党が怖くなる。

それと小池が小選挙区で勝てそうなトコを要求したのも大きいだろう。いくら小選挙区でほとんど議席がないとはいえ、議員になりたい自分が下ろされて共産党を応援しろと党から言われるのも困る。

もちろんこれは共産党が悪いのではなく、他の野党が共産党相手に主導権をとれないほどに弱々しいのが悪いのだけど・・・かといって共産党もこれ以上は譲れないラインまで来ているから引くこともできない。5年後は高齢化によってさらに弱体化して党存亡にかかわってくるから、引くに引けない。

じゃどうすりゃいいのかというと、妙案はない。ウルトラCとしては共産党も含む野党再編だが、共産党がそんなの飲むはずがない。当面、自民党は安泰である。