JBPRESS
いつもの筆坂連載。共産党に党内民主主義がないことを書いている。共産党内では選挙がない。党規約にはあるけど、実際には立候補ができないのだからと明確に書いている。で、現在のトップは今も不破哲三なんだと・・・ここまでは当blogの読者には自明のことだ。注目点はここ

不破氏の前にカリスマ指導者として君臨した宮本顕治氏(故人)は、引退した途端にすべての影響力を失ってしまった。当時、わけ知り顔の共産党ウオッチャーが、引退しても宮本氏の影響力が残っているかのような解説をしているのを見たことがあるが、引退した翌日から党本部内で宮本氏のことはまったく話題にも上らなくなった。一夜にして過去の人になったのだ。

そして自分はしゃべらず浜野を伝令役に使ってきているとか、市田や穀田が志位タンを「あいつ」と言ってるとか、これも当blogの読者には自明のこと。で

宮本顕治氏に引退の引導を渡したのは、不破氏だった。今度は志位氏が不破氏に引退の引導を渡すときだと思う。共産党の体質転換は困難だとは思うが、まずここから始めるべきであろう。

これ、正論だけど、無理だろうね・・・。もうそんな体力、志位たんには残ってないでしょう。やれるとしたら小池くらい。でも失敗・失脚したら、小池の代わりになるのは1人もいない。来年を待たずに共産党は終了確定となって、当blogも役割を終え、終了することになるだろう(笑)