京都新聞
これ、あっちこっちから採り上げたらと情報入りまくりw

 2017年度に京都府議と京都市議の計16人が所属政党の機関紙の購入費を政務活動費から支出していたことが、8日までに分かった。政治色が強い団体の会費への支出も目立つ。いずれのケースも両議会は支出を認めているが、「政党・政治活動に当たる」などとして政活費を使っていない議員もいる。地方議員の「政務活動」と「政党・政治活動」の線引きは曖昧で、識者からは「議会として厳格な運用に取り組むべきだ」との指摘も出ている。

 各議員の政活費収支報告書を京都新聞が調べた。機関紙購読費への支出が特に多かったのは共産党府議で、13人のうち9人が機関紙「しんぶん赤旗」の購入費計36万5676円を資料購入費として計上していた。共産府議は「赤旗は他党の機関紙と違い、今の社会問題や中小企業の現状など多岐にわたって報道し、一般新聞と同じ。議会の議論にも活用している」と説明する。また共産の全府議が共産党本部の出版局が発行する「前衛」や「月刊学習」などの雑誌を購入し、総支出額は43万5610円だった。

 一方、共産党京都市議は全員、赤旗と党発行の雑誌に支出していなかった。共産は税金を原資とする政党助成金を受け取らず、党費や機関紙収入を主な収入源としていることから、ある市議は「機関紙は党活動を支えるものになるので支出していない」と語る

記事は、共産党のみならず全ての政党会派について調べられており、共産党が特に俎上にあげられているわけではない。 

大阪市議では、たぶん今も赤旗、商工新聞、生健新聞の3点セットを政務活動費で購入していると思うが、京都は違うのが興味深いところ。同じ党でも 、見解が分かれるのも興味深い。

個人的には政務活動費で機関紙は買っていい・・・共産党なら赤旗だけでなく自民党など他党の機関紙もとればいいし、逆もまた然りと思っている。厳格に運用し過ぎるのもどうかと思うけどね・・・。