兵庫県稲美町議会議員で、共産党を除名されたという木村圭二氏ご本人から、当blogに紹介があった。
共産党関係は同議員blogの「政治関連」タグにまとめられているが、2015年10月から始まっていて、タイトルが共産党議員のネコババであることから、このあたりを党に告発し綱紀粛正を求めたら除名されたような感じである。 

最近のエントリだと稲美町の稲美支部の赤旗購読者の中で町職員の購読が20%という。稲美支部は稲美町唯一の支部なのかどうかわからないが、これが市町村で売られる赤旗のうち役場の購読者数が20%を占めることを意味するならば、相当高い数字だ(ぼくちんの知ってる範囲では高くても10%代ばかりで、一桁%もあるだろうから全国トータルでは一割を少し超えるくらいかくらいではないかと思ってる)

それにしても除名がよほど腹に据えかねているようだ・・・これほど公然と怒りを表明されているのに見つけられなかったぼくちんやふみたんほか勝手に調査団の探索能力が問われているようである。